【評価B】ネオファースト生命の特定疾病保障保険「ネオdeとりお」のデメリットと評価

ネオファースト生命「ネオdeとりお」は死亡保障に加えて、3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)の保障もある特定疾病保障保険っていう耳慣れない種類の保険です。

ちょっと何言ってるのかよくわかんないですよね。特定疾病保障保険と言われても。

死亡保障があるのは終身保険か定期保険です。それぞれの特徴は以下のとおり。
(収入保障保険というのもありますが、ここでは割愛します)

保障内容 保険料 貯蓄性 保険金受け取り方
終身保険 死亡保障 高い あり(解約時に戻ってくる) 一括
定期保険 死亡保障 安い なし 一括

ネオファースト生命「ネオdeトリオ」は上記の終身保険に3大疾病の保障を追加した保険です。

終身保険なので貯蓄性があります。満期を迎えた後に解約すれば、それなりの解約返戻金が戻ってくるのが特徴です。さらに3大疾病の保障もあるので、

「死亡保険と医療保険の両方まとめて入っておきたい!保険料掛け捨てはヤダ!」

という方に向いているのがネオファースト生命「ネオdeトリオ」です。

ただし、ネオファースト生命「ネオdeトリオ」は他社にないクセがあるんです。他社の特定疾病保障保険は割と素直な保障内容なのに対し、ネオファースト生命「ネオdeトリオ」は若干ひねくれているところがあります。加入前にひねくれている部分も要チェックです。

この記事では、ネオファースト生命「ネオdeとりお」の加入を検討している方に向けて、メリット・デメリット、そして評価を書いていきます。

特定疾病保障保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック!

目次

ネオファースト生命「ネオdeとりお」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の終身保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【特定疾病保障保険】
・死亡時に保険金を受け取れます。
・3大疾病を原因に所定の状態となった場合に死亡保険金と同額を受け取れます。
【終身型】
・保険料を支払っている期間中に解約した場合、解約返戻金は7割程度に減額されます。
・その分、毎月支払う保険料は割安になります。
・保険料を支払い終わったあとの解約なら、解約返戻金が増額されます。
・保障は一生涯続きます。
選択できる保険金額
(死亡時に受け取れる金額)
50万円~3,000万円の範囲で選択可能。
※10万円単位。
保険料を支払う期間 1歳刻みで選択可能(終身もあり)。
保険料を支払う回数 月払、年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 一生涯(終身)

ネオファースト生命「特定疾病保障保険」終身型のライバルはマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」。

のっけからですけど、ネオファースト生命「ネオdeとりお」を検討されている方は、マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」と比較してみてください。

マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」は終身保険です。終身保険なので死亡保障しかありません。3大疾病に対する保障はないのですが、3大疾病となった場合は、以降の保険料の支払いが免除される保険料払込免除特約(オプション)があります。

この特約が強力です。3大疾病となった場合に、保険料の支払いが免除されるだけでなく、解約返戻金が一気に増額されます。

終身保険は解約をすると、それまで支払った保険料の一部、もしくは全額に多少の利息が上乗せされ、解約返戻金として戻ってきます(なので、貯蓄性があると言われます)。

マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」は3大疾病となった場合、その時点で保険料を満額支払った場合と同額の解約返戻金を受け取れるようになります。つまり、支払ってない保険料まで解約返戻金として戻ってくるので、かなりお得です。

3大疾病にかかったら即解約すれば解約返戻金を治療費に充てることができます。つまり、マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」の保険料払込免除特約には、ネオファースト生命「ネオdeとりお」の3大疾病保障とほぼ同じ効果があることになるのです。

ということですので、ネオファースト生命「ネオdeとりお」とマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」は良きライバル関係にあります。

以降、ネオファースト生命「ネオdeとりお」とマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」を比較してみます。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」とマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」の3大疾病保障条件を比較する。

まずは3大疾病の保障条件です。

以下の条件を満たした場合、ネオファースト生命「ネオdeとりお」は保険金を受け取れます。また、マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」は解約返戻金が一気に増額します。

疾病 支給条件
ネオファースト生命
「ネオdeとりお」
マニュライフ生命
「こだわり終身保険V2」
がん 初めてがんと診断されたとき(オプションで上皮内がんを保障対象にすることも可能) 初めてがんと診断されたとき(上皮内がんは含みません)。
急性心筋梗塞 30日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。
60日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。
脳卒中 30日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。
60日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。

違いを赤字にしています。端的に言うと、ネオファースト生命「ネオdeとりお」の方が支給条件は緩い(契約者に優しい)です。

  • 【GOOD!】がんの条件に上皮内がんを含めることが可能。
  • 【GOOD!】急性心筋梗塞・脳卒中が30日ルール。60日ルールが一般的。
  • 【GOOD!】急性心筋梗塞・脳卒中の条件に手術が含まれる。

上皮内がんとは初期のがんで、手術でサッと切り取ってしまえば完治する可能性が高いと言われています。軽度のがんなので他社は保障対象外になることが多いのですが、ネオファースト生命「ネオdeとりお」はオプションを付帯すれば保障対象になります。この点を含めても、他社の特定疾病保障保険と比較して条件はかなり緩めです。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」とマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」の保険料を比較する。

保険金額500万円・60歳まで保険料を支払う前提で、毎月支払う保険料を比較します。

ネオファースト生命
「ネオdeとりお」
マニュライフ生命
「こだわり終身保険V2」
※保険料払込免除特約あり
非喫煙者 喫煙者 非喫煙者 喫煙者
30歳男性 13,865円 14,320円 10,795円 11,455円
30歳女性 14,020円 14,350円 10,690円 11,330円
40歳男性 21,700円 22,510円 17,340円 18,445円
40歳女性 22,425円 21,915円 17,075円 18,045円

両者ともに非喫煙者割引があります。1年以内にタバコを吸っていない場合は保険料が割引されます。

しかし、非喫煙者でも喫煙者でも保険料が安くなるのはマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」です。毎月の差もけっこう大きいのですが、長期間積み重なるとかなりの違いになります。

しかし、いざ3大疾病となった場合、受け取れる保険金額に差があります。

上表の例だと、

  • ネオファースト生命「ネオdeとりお」:死亡保険金額と同額の500万円を受け取れる。
  • マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」:死亡保険金額と同額にはならない。(3大疾病になった時期によりますが、解約返戻金は400万円程度が目安です)。

となります。受け取れる保険金額はネオファースト生命「ネオdeとりお」の方が大きくなります。

結論は?

マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」をおすすめします。

理由は以下の2点です。

  • 保険料の差。マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」の方が安い。
  • 何事もなく無事満期を迎えた場合、マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」の方が解約返戻金の返戻率が高い。

※解約返戻金の返戻率とは、支払った保険料に対する解約返戻金の割合です。100%を超えれば、支払った保険料より多くの解約返戻金が戻ることになります。

1点目は説明しました。2点目についてですが、何事もなく無事満期を迎えた場合、パンフレットの例だとマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」の解約返戻金返戻率は108.8%です。
(30歳男性・保険金額1,000万円・60歳まで保険料を支払う前提)

一方で、ネオファースト生命「ネオdeとりお」の解約返戻金の返戻率は満期直後で96.9%(30歳男性/保険金額100万円/60歳満期の場合)。解約返戻金の返戻率はマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」の方が高めです。

実際のところ、30代・40代・50代が3大疾病となる確率はそこまで高くありません。備えは必要ですが、無事にやり過ごした後を考えることも大切です。

支払った保険料より多くの解約返戻金が戻ってくるマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」の方が、お得感ありますよね。おすすめはマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」です。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」のメリット

ネオファースト生命「ネオdeとりお」ここがポイント!
  • 【check】タバコを吸わなければ保険料が割引に。
  • 【check】3大疾病の保障条件が緩い。
  • 【check】超低額の保険金額50万円から契約可能。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」は1年間タバコを吸ってなければ保険料が割引になる!

特定疾病保障保険にしては珍しく、1年間タバコを吸ってなければ非喫煙者割引が適用されます。

さて、そうなると気になるのは他社との比較です。非喫煙者割引が適用されても、他社よりも保険料が高かったらガッカリですよね。ということで、ここでオリックス生命「With(ウィズ)」と比較してみます。

まずは保障条件から。

ネオファースト生命 オリックス生命
がん 初めてがんと診断されたとき(オプションで上皮内がんを保障対象にすることも可能) 初めてがんと診断されたとき(上皮内がんは含みません)。
急性心筋梗塞 30日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。
60日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。
脳卒中 30日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。
60日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。

違いを赤字にしています。やっぱりネオファースト生命「ネオdeとりお」は支給条件は緩い(契約者に優しい)んです。

  • 【GOOD!】がんの条件に上皮内がんを含めることが可能。
  • 【GOOD!】急性心筋梗塞・脳卒中が30日ルール。

この2点が他社を上回っています。

続いて、保険料です。保険金額500万円・60歳まで保険料を支払う前提で毎月支払う保険料を比較します。

ネオファースト生命 オリックス生命
非喫煙者 喫煙者
30歳男性 13,865円 14,320円 12,660円
30歳女性 14,020円 14,350円 12,380円
40歳男性 21,700円 22,510円 20,120円
40歳女性 22,425円 21,915円 19,485円

最安値を赤字にしています。

非喫煙者割引が適用されたとしても、ネオファースト生命「ネオdeとりお」の方がオリックス生命「With(ウィズ)」よりも保険料は高くなっています。

保障条件がオリックス生命よりも緩いので、この差は仕方ないとも考えられますが、非喫煙者割引が適用されても必ずしも他社の特定疾病保障保険より保険料が安くならないということは覚えておきましょう。他社の特定疾病保障保険との比較はしておいた方がよいです。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」は3大疾病の保障条件がゆるい!

もう一度条件をあげておきます。

疾病 条件
がん 初めてがんと診断されたとき(オプションで上皮内がんを保障対象にすることも可能)。
急性心筋梗塞 30日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。
脳卒中 30日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。

ここでは繰り返しませんが、保障条件は他社の特定疾病保障保険よりもだいぶゆるいです。契約者に優しい条件なので、保障条件重視の方にネオファースト生命「ネオdeとりお」はおすすめです。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」は保険金額50万円から契約可能。

他社は最低保険金額100万円or200万円の場合が多いのですが、ネオファースト生命「ネオdeとりお」は50万円から契約可能です。さらに、保険金額は10万円単位で決めることができます。

上述のとおり保障条件がゆるいので保険料は高くなりがちですが、保険金額を細かく削って保険料を安くするということも可能です。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」のデメリット

ネオファースト生命「ネオdeとりお」ここにご注意!
  • 保険料を支払っている途中で解約すると解約返戻金が7割程度になってしまう。
  • check】保険料は安くない。
  • check】マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」との比較が必須。
  • check】高度障害が保障対象外。

1点目は低解約返戻金型終身保険の特徴です。その分、毎月支払う保険料が安くなっているので、文句は言えませんね。

2点目と3点目についてはすでに説明しました。ここでは4点目について説明します。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」は高度障害が保障対象外。

冒頭に書いたクセがこれです。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」は高度障害が保障対象外です。一般的に高度障害とは以下の状態を指します。

  • 両眼の視力を全く永久に失ったもの
  • 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
  • 中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
  • 両上肢とも手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  • 両下肢とも足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  • 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったか、またはその用を全く永久に失ったもの
  • 1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの

引用:生命保険文化センター

高度障害状態になる可能性は低いものの、保障対象外というのはちょっと不安ですよね。他社の特定疾病保障保険は亡くなった場合だけでなく、上表の高度障害も保障対象にしています。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」を契約する場合は、この点をしっかり理解しておきましょう。要注意です。

【ネオファースト生命「ネオdeとりお」の評価】最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:B(S、A~C)

3大疾病を保障条件は悪くないので、

  • 1年間タバコを吸ってなくて、非喫煙者割引が適用される方で、
  • 3大疾病に不安を抱える方

なら、十分選択肢になります。心筋梗塞・脳卒中が30日ルールで保障される点は大きなメリットです。

しかし、やっぱり保険料の高さと高度障害が保障対象外となる点に注意です。ぶっちぎりでよい特定疾病保障保険ではなく、同じ特定疾病保障保険のSOMPOひまわり生命「特定疾病保障保険」、もしくは終身保険のマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」との比較は必須かと感じます。よって評価は「B」としました。

ネオファースト生命「ネオdeとりお」の相談をするなら。

ネオファースト生命「ネオdeトリオ」は全国の保険ショップで取り扱っています。しかし、ふらっと入った保険ショップで

「うち、ネオファースト生命取り扱ってないですよ」

なんて言われたら絶望ですよ。保険入る前に絶望ですよ。

ということですので、事前準備は周到に。ニアエルなら、取り扱っている生命保険会社を条件に保険ショップの検索と予約ができてしまいます。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

念のためお伝えしておくと、保険見直しラボはネオファースト生命を含む30社以上の保険会社と提携しています。ご安心を。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:ネオファースト生命「ネオdeとりお」

3大疾病の保障条件はゆるく、タバコを吸わない方への割引もあります。

  • 1年間タバコを吸ってなくて、非喫煙者割引が適用される方で、
  • 3大疾病に不安を抱える方

なら、十分選択肢になります。心筋梗塞・脳卒中が30日ルールで保障される点は大きなメリットです。

ただし、保障条件がゆるい分、保険料は高めです。非喫煙者割引が適用されたとしても、他社より安くなるとは限りません。同じ特定疾病保障保険のSOMPOひまわり生命「特定疾病保障保険」、もしくは終身保険のマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」との比較は必須かと感じます。

保険の相談は専門家へ。専門家は身近にいます。買い物帰りに保険ショップへ寄れば、簡単に相談できてしまいます。保険ショップの検索は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする