学資保険の選び方。契約前にチェック必須3つのポイント【これで十分】

「学資保険ってたくさんあってどれを選んだらいいのかよくわかんないなぁ」

子供がいる家庭では避けて通れない教育費問題。平成28年の文部科学省調査によると、幼稚園から高校まで、子供の教育費ってこれくらいかかるそうです。→文部科学省

オール公立:148.6万円
高校から私立:207.5万円
オール私立:437.7万円

さらに、大学の学費は4年間合計でこんなかんじです。

国立大学:242.6万円
私立大学(文系):389.9万円
私立大学(理系):530.8万円
私立大学(医科歯科系):2369.3万円

かかりますよね。これが子供1人分なので、2人いると2倍、3人だと3倍です。

教育費は早いうちから計画的に、そして元本割れしない低リスクなやり方で貯めていくのが基本です。

  • 定期預金
  • 個人向け国債

こういった手堅いやり方で貯めていければいいんですけど、なかなか貯められないですよね、教育費って。目の前の出費が優先されてしまって…。

そんな教育費をなかなか貯められない家庭におすすめのやり方が学資保険です。学資保険って古いイメージあって、「いまさら学資保険?」って思ってしまうんですけど、教育費を貯める上では悪くないツールです。

  • 強制的に貯めることができる。
  • 元本割れしない。
  • 利息は定期保険、個人向け国債より良い。
  • 節税効果あり。支払った保険料は所得控除される。
  • クレジットカードで保険料を支払えば、クレカのポイント還元対象に。

けっこうメリットありますよね。少なくとも、定期預金・個人向け国債で貯めるよりはメリットがありそうです。

この記事では、学資保険を検討している方に向けて、学資保険を選ぶ際のポイントについて解説しています。

学資保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック。

【学資保険選び方①】学資保険は利率の良い貯金です。大切なのは戻り率です。

学資保険選びで最も大切なのは戻り率(利率)の高さです。

学資保険の利率は「戻り率」もしくは「返戻率」といった呼び方がされます。学資保険は利率良い(そして強制的に貯められる)貯金と考えれば、何よりも大切なのは戻り率の高さです。

戻り率とは、支払った保険料に対して、どれくらい戻ってくるかの割合です。

例えば、100万円の保険料を支払った場合に、105万円の教育資金が戻ってきた場合は、戻り率は105%(105万円÷100万円×100)です。

「たった5%しか増えないのかー」ってがっかりしないでください。定期預金の利率が0.01%の現在、5%の戻り率は破格といっていいくらいです。

じゃあ、実際の各社学資保険の戻り率はどれくらいなのかということですが、表でやります。

学資保険 戻り率
明治安田生命「つみたて学資」 109.0%
ソニー生命「学資保険」 108.0%
三井住友海上あいおい生命「&LIFE こども保険」 70.0%

各社条件が違うので一概に比較はできませんが、明治安田生命「つみたて学資」・ソニー生命「学資保険」はかなり良い戻り率です。現状なら、定期預金よりも格段に良い教育資金の貯め方でしょう。

一方で、三井住友海上あいおい生命「&LIFE こども保険」の戻り率が驚くほど低いですよね。これは後述しますが「保障型」と呼ばれるタイプであり、教育費を貯める以外にも親の死亡保障や子供の医療保障があります。保障がある分、戻り率が低くなってしまいます。

学資保険選びでなによりも大切なのは、戻り率の高さです。今回の比較例で言えば、三井住友海上あいおい生命「&LIFE こども保険」は落選です。

残るは明治安田生命「つみたて学資」とソニー生命「学資保険」に絞られますが、あとは

  • 保険料を払う期間(子供が何歳になるまで保険料を払う?)
  • 教育資金を受け取るタイミング(子供が何歳のときに受け取る?)

を比べて、どちらの学資保険が有利が比較して決めることになります。

すぐこの後に書きますが、上記の検討ポイント2点は戻り率に影響します。また、保険料を支払う期間を短くすれば、毎月の保険料は高くなります(支払った保険料総額は安くなりますが)。ここらへんはバランスですね。

ちなみにですが、戻り率は103%を基準に考えていいと思います。103%より高い戻り率なら良い学資保険、103%より低い戻り率なら、他社の学資保険を検討する、といった選び方で良いでしょう。

学資保険の戻り率を高める方法

上の図のとおり、学資保険の戻り率を高くする原則は以下の2点に集約されます。

  • 保険料の支払いは可能な限り早く終わらせる。
  • 教育費の受け取りは可能な限り遅くする。

私たちが支払った保険料は生命保険会社が資産運用して、増やそうと努力してくれます。資産運用する期間が長ければ長いほど、戻り率は高くなるのです。

なので、子供がなるべく小さいうちに保険料の支払いを終えてしまい、最も教育費のかかる大学入学時から在学中に教育費を受け取るのが、戻り率の高くする最善の学資保険の入り方となります。

子供が小さいうちは家計はまだ多少の余裕がありますよね。小学校高学年くらいから、塾や習い事の費用がかさんでくるのが一般的です。子供が10歳までに保険料を払い終えてしまうのが理想的です(なかなか難しいんですけどね)。

子供に万が一のことがあったとしたら…。

しかし、学資保険を早めに払い終えたとして、子供に万が一のことがあったらどうなるのでしょうか。払い損だけは勘弁ですよね。

子供に万が一のことがあった場合は、子供の死亡給付金として、これまで支払った保険料が戻ってくる学資保険が一般的です(気になる方は加入前に要チェックです)。

よって、考えたくはありませんが、早いうちに保険料を払い終えたとしても、払い損になることはありません。また、子供が大学進学しないとなった場合でも、契約した年齢に達すれば教育資金を受け取れます。

コツコツ貯めたいあなたへ。戻り率を少しでも高くする方法。

子供が小さいうちに保険料を払い終えるといっても、実情なかなか難しい場合が多いのではないでしょうか(我が家には無理です)。さらに、子供が2人3人となってくると、ますます難しくなってきますよね。

そんな場合はゆっくりコツコツ貯めていきましょう。それでも戻り率を高くする方法はあります。

学資保険の保険料を毎月支払うのではなく、1年間分をまとめて支払うことで、戻り率は高くなります。

生命保険各社は加入者から受け取った保険料の事務処理をしているのですが、まとめて保険料を受け取った方が、事務処理にかかる人件費を抑えることができます。その一部が加入者の戻り率に還元されていくわけです。

毎月の給与から支払うのではなく、賞与から支払うことで戻り率は若干上がります。ぜひご検討を。

【学資保険選び方②】保障の手厚い学資保険を選んではいけない。

「保障型」の学資保険は戻り率が低く、おすすめできません。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE こども保険」の戻り率が驚くほど低いということを先述しましたが、これは親の死亡保障や、子供の医療保障が含まれているためです。

こういった保障が手厚いタイプの学資保険を「保障型」と呼びますが、戻り率が低くなる保障型の学資保険はおすすめできません。

保障型の学資保険の「保障」に充てられる保険料。

再び三井住友海上あいおい生命「&LIFE こども保険」を例にとりますが、お父さんが30歳で子供が0歳のときに学資保険に入ると、支払う保険料総額は以下のとおりです。

  • 毎月支払う保険料:12,235円(子供が18歳まで払い続ける)
  • 保険料総額:2,642,760円

概ね264万円の保険料を支払っていることになります。

じゃあ受け取れる教育資金ですが、子供が22歳までに総額180万円受け取れます。

支払った保険料総額264万円に対して、180万円しか教育資金を受け取れません。

支払った保険料総額(264万円)から、受け取れる教育資金(180万円)を差し引いた84万円はどこにいったのでしょうか?

この84万円が

  • 親の死亡保障(毎年60万円支給)
  • 子供の医療保障(入院1日5,000円支給)

に充てられていると考えられます。

そしてこの84万円に対する親の死亡保障(60万円)と子供の医療保障(入院1日5,000円)が納得できないんです。

子供が小さいときの親の死亡保障は収入保障保険がおすすめ。

子供が小さいときの親の死亡保障は必須です。生命保険はそのためにあると言っても過言でありません。

しかし、親の死亡保障を学資保険で備える必要はありません。死亡保障のある保険は他にもあります。

終身保険 貯蓄性のある死亡保険。支払った保険料は戻ってくるけど、保険料が高い。
定期保険 掛け捨ての死亡保険。保険料は安い。死亡時には定額が一気にまとめて支給される。
収入保障保険 掛け捨ての死亡保険。保険料は安い。死亡時には年金方式で毎月or毎年定額が支給される。

子供が小さいときは大きな額の死亡保障が必要となりますが、終身保険で大きな死亡保障を契約すると毎月支払う保険料はけっこうな額になります(我が家なら破産します)。

ですので、子供が小さいときには定期保険か収入保障保険で万が一に備えるのが現実的です。なかでも、子育て世代におすすめなのは収入保障保険です。

収入保障保険の選び方は↓に書いてます。

要するに、必要な時に必要な保障額を得られるのが収入保障保険です(よって、保険料にムダがありません)。子育て世代のためにある死亡保障です。

とくにおすすめがFWD富士生命「FWD収入保障」です。

万が一の際には毎月10万円(年間120万円)受け取れる保障内容で、毎月支払う保険料は最安値で2,136円(30歳男性)。子供が18歳までの18年間加入すると、総額およそ46万円。三井住友海上あいおい生命「&LIFE こども保険」の86万円よりかなり安いですよね。毎月受け取れる保障額もFWD富士生命の方が高いですし。

さらに、FWD富士生命「FWD収入保障」には配偶者同時災害死亡時割増特則というオプションがあります。この配偶者同時災害死亡時割増特則が強力なんです。

配偶者同時災害死亡時割増特則をつけると、夫婦二人が同時に死亡した場合、毎月受け取れる金額が2倍になります。

夫婦二人が事故で同時に亡くなって、子供だけが生き残るなんて考えたくもありませんが、その場合は支給額が2倍になります。

しかも、配偶者同時災害死亡時割増特則は無料です。オプションとしてつけても保険料は変わりません。

子供がいる夫婦の方で、死亡保障のある保険をお探しの方は、ぜひ一度FWD富士生命「FWD収入保障」を検討してみてください。

FWD富士生命「FWD収入保障」の相談は↓が良いです。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

子供の医療保障は不要です。区市町村が手厚く守ってくれます。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE こども保険」のもう一つの保障。それは子供の医療保障でした(入院1日5,000円)。

しかし、子供は区市町村が手厚く守ってくれています。子供の医療費助成があるんです。一例をあげます。

区市町村 対象年齢 医療費助成内容
東京都世田谷区 0歳~15歳 健康保険診療の自己負担分
入院時の食事の自己負担分
東京都武蔵野市 0歳~15歳 医療費のうち保険診療の自己負担分
大阪府大阪市 0歳~18歳 1日当たりの自己負担額最大500円(月2日限度)
※3日目以降は自己負担ゼロ。

地域によって子供の医療費助成は変わります。学資保険加入前に、一度調べてみることをお勧めします。
(「(おすまいの区市町村) 子供 医療費」でググればすぐ見つかりますよ)

結論。

学資保険に親の死亡保障や、子供の医療保障は不要です。

親の死亡保障は収入保障保険、もしくは定期保険を別に契約することをおすすめします。子供の医療保障はそもそも区市町村が手厚く守ってくれるので必要背は薄いです。

学資保険は無駄な保障がない「貯蓄型」がおすすめです。学資保険に入るなら、戻り率が高い「貯蓄型」の学資保険を選択しましょう。

【学資保険選び方③】保険料払込免除がある学資保険を選ぶ。

保険料払込免除とは、親が死亡もしくは高度障害になった場合、以降の保険料支払いが免除される特約です。

学資保険の保険料毎月1万円~2万円することもざらにあります。

1万円~2万円する保険料、万が一のことがあり収入が激減した場合も払い続けるのはちょっと厳しいですよね。

最近の学資保険には「保険料払込免除特約」といったオプションがついてます。保険料払込免除特約がついていれば、親が死亡や高度障害になった場合に以降の保険料支払いが免除されます。

免除されたからと言って、保障が消えてしまうわけではありません。保障は継続します。もともと契約した年齢に子供が達すれば、契約通りに教育資金を受け取ることができます。

一般的な学資保険にはこの「保険料払込免除特約」が自動でセットされています。自動でセットされていない学資保険が少数派ではありますが、念のためチェックしておきましょう。

海外留学を考えているなら、外貨建て終身保険もあり。

例えば、メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマート」は終身保険ですが、保険料を支払う期間を加入者が柔軟に決められます。

子供が18歳のときに教育資金として使いたいのであれば、保険料を支払う期間を18歳まで期間として毎月コツコツ保険料を支払っていけばOKです。子供が18歳のとき解約すれば、解約返戻金をUSドルで受け取れます。

学資保険の教育資金を円で受け取ると、ドルに交換する必要が出てきます。ちょっと面倒ですよね。また、留学時に極端な円安だった場合、ドル換算だと教育資金の価値が減ってしまいます。海外留学を考えているなら、ドル建ての保険で教育資金を貯めた方が、効率は良いでしょう。

また、計画変更となって海外留学しないことになっても、そのまま終身保険として置いておけば老後の生活資金にも使えます。いろいろな使い方ができる保険ですよね。

国内への進学を考えているなら、ドル建ての保険で教育資金を貯めてると危険。

ドル建ての保険で教育資金を貯めていた場合、子供が18歳のときに極端な円高になると元本割れが発生する危険があります。

子供が18歳のときに1万米ドル受け取れる契約だった場合はこうなります。

1ドル120円なら…120万円受け取れる。
1ドル100円なら…100万円受け取れる。
1ドル80円なら…80万円受け取れる。

18歳時点の為替レートで受け取れる金額に大きな差ができてしまいます。つまり、教育資金の計画が立てにくいんです。

ちょっと極端な例ですが、表にします。2002年と2012年を比べてみます。

為替レート 私立大学授業料平均(年間)
2002年 1ドル=125.3880円 804,367円
2012年 1ドル=79.7905円 859,367円

例えば、2002年(このとき子供8歳)に学資保険代わりにUSドル建て終身保険ドルスマートに加入し、2012年(このとき子供18歳)に大学入学となったら最悪です。これは極端な例ですが、今後も絶対に起こらないとは言えないですよね。

国内への大学へ進学する予定なら、円建ての学資保険でコツコツ貯めていきましょう。外貨建ての保険は利率が良いと宣伝されることがありますが、お金が必要となる時期がしっかり決まっている教育資金に外貨建てはリスクが高過ぎます。

【おまけ】銀行預金と学資保険。教育費を貯めるにはどちらがお得か。

教育資金を銀行預金でコツコツ貯めるのは素晴らしいやり方です。最も安全で、お子さんのことを考えた貯め方ですよね。

「学資保険は知ってるけど、なんか保険って怪しい難しいし…」

そう感じている方も多いと思います。銀行預金は通帳見れば貯まった金額がすぐわかりますよね。シンプルで簡単なんです。一方で学資保険は「将来xx万円払います!」っていう契約だけですし、銀行預金と比べると仕組みが複雑だからわかりにくいんです。

でも、学資保険には銀行預金にない以下のメリットがあります。

  • 支払った保険料は所得控除されるため、税制面で有利。年末調整でお金が戻ってくる。
  • クレジットカードで保険料を支払えば、ポイント還元される。
  • (いまのところは)定期保険よりも有利な利率。

「教育資金を貯める!」っていう観点なら、学資保険にはメリットがたくさんあります。ぜひ一度、学資保険も検討してみてください。

【学資保険の選び方最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

とはいっても、自分で学資保険を調べて選ぶなんて面倒ですよね。誰か最高に素晴らしい学資保険を選んで説明して!っていうのが本音だとお察しします。

学資保険の相談は生命保険会社の営業職員、または銀行の窓口でできますが、おすすめは保険ショップかファイナンシャルプランナー(FP)です。

理由は以下に書いています。

複数の学資保険を比較でき、学資保険の仕組みをしっかり説明してくれるのは保険ショップかFPだけです。複雑な仕組みも、わかりやすく教えてくれますよ。

相談は無料ですし、相談したからってFPが提案した学資保険に加入しなければならないってことはありません。FPの提案に納得できなければ、なんにもしないで帰宅してOKです。

おすすめ生命保険の無料相談窓口。保険ショップ・ファイナンシャルプランナーを探すならこちら。

僕が周りの友人におすすめしている生命保険の相談窓口です。保険ショップやファイナンシャルプランナーをお探しならここが便利ですよ。

各社共通なのは十分時間を取って相談に乗ってくれること。そして相談は無料であること。

相談したら保険に絶対入らなければいけないってこともないし、タダなんだから軽い気持ちで行ってみたら?くらいの感じで友人にはすすめてます。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

僕の友人何人かが相談したのですが、営業されるわけではなく、親身に話を聞いてくれたとのこと。30社の生命保険をいっしょに比較し、結果的に毎月の保険料が15,000円程度安くなった友人もいました。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする