【評価S】FWD富士生命のがん保険「がんベスト・ゴールド」デメリットと評価

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」はがんと診断された場合に大きな金額(100万円とか)が給付される一時金ベースで保障するタイプのがん保険です。

そして、その一時金給付の条件が現在発売されているがん保険のなかではトップクラスに良いです。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」ここがポイント
  • 一時金ベースで保障するがん保険です。
  • がんと診断された場合に給付される一時金の給付条件が素晴らしいです。
  • 女性特有のがんに対する保障を手厚くできます。
  • 自由診療となる抗がん剤治療の治療費を3,000万円まで保障対象にできます。

がん保険は大きく3つのタイプに分けることができます。

①入院ベースで保障するがん保険。よくある「入院1日1万円!」といった保障内容のがん保険です。入院日数×入院給付金(5千円とか1万円)を受け取ることができます。

②一時金ベースで保障するがん保険。がんと診断されたらまとまった金額(100万円とか)がドンっと給付されるがん保険です。

③治療ベースで保障するがん保険。手術・抗がん剤・放射線といったがんの治療を受けるたびに定額(10万円とか)が給付されるがん保険です。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」は典型的な「②一時金ベースで保障するがん保険」です。

一時金の保障内容も優秀なのですが、さらに女性特有のがんに対する保障を手厚くできたり、自由診療となる抗がん剤の治療費を3,000万円まで保障対象にすることができます。

正直なところ、現在発売されているがん保険ではトップクラスに良い保障内容かと。雑誌の保険特集で高評価となるのも納得できます。

がん保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

がん保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. 先進医療特約の保障内容。保険料が一生涯変わらない終身型であること、保障額上限が2,000万円であること。できれば一時金を受け取れることの3点が重要です。
  2. がん診断一時金の給付条件。がん診断一時金の給付条件は生命保険各社バラバラです。差が出るのは一時金の2回目以降の給付条件です。2回目以降の給付間隔が1年で、給付条件に通院が含まれているのがベストです。
  3. 通院保障の保障期間。通院保障の保障期間も生命保険各社バラバラです。最近のがん治療は入院が短期化しており、その代わりに通院が長期化しています。
  4. 抗がん剤治療の保障範囲。健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤治療が保障対象となっていればベストです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の4点について、FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
(S、A~C)
先進医療特約の保障内容 タイプ:終身型
保障額上限:2,000万円
一時金:技術料実費の10%
A
がん診断一時金の給付条件 給付回数:無制限
給付間隔:1年
1回目の給付条件:がんと診断確定
2回目以降の給付条件:がんで入院もしくは通院
S
通院保障 なし
抗がん剤治療の保障範囲 自由診療となる抗がん剤治療を保障対象にできる(3,000万円限度) S

通院保障はありませんが、がん診断一時金の2回目以降の給付条件に通院が含まれているので、大きな問題ではありません。自由診療となる抗がん剤治療も業界最高の3,000万円まで保障対象にできます。保障内容は完璧に近いです。

ちなみにFWD富士生命なんて聞いたことない方が大半かと思いますが、そんなに変な会社じゃありません。

メジャーではありませんが、この記事を書いている現在のソルベンシー・マージン比率は1029.7%。ソルベンシー・マージン比率は保険金を支払う余力みたいな指数で、200%を超えていれば安全と言われてます。FWD富士生命は大きく上回っていますね。

また、歴史は浅くても、収入保障保険終身保険でクオリティの高い保険を開発してます。がん保険のクオリティはそんなに高くなかったんですけど、最近のリニューアルで一気に業界トップクラスになりました。がん保険を探している方なら、必ずチェックしておいた方がよい保障内容です。

FWD富士生命そんなにメジャーじゃないと思ってたんですけど、サッカー日本代表のスポンサーだったり、意外と知名度あるんですね。繰り返しますが「がんベスト・ゴールド」が雑誌の保険特集で高評価を得るなど、徐々にFWD富士生命が良い感じなってきてます。

がん保険は下記のリンク先で比較をしています。こちらもご参考に。

がん保険おすすめ比較ランキング

がん保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック!

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他のがん保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【がん保険】
・がんに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
(取り外しができない保障)
【がん診断給付金】
がんと診断された際に一時金が給付されます。
※上皮内がんは含みます。
※2回目以降は入院もしくは通院が給付条件となります。
【保険料払込免除】
がんと診断された場合、以降の保険料支払いが免除されます(保障は継続します)。
特約
(好みによってつけたり外したりができる保障)
【がん治療給付金特約】
抗がん剤治療・ホルモン剤治療・放射線治療を受けた月に定額が給付されます。
【自由診療抗がん剤治療特約】
保険診療・先進医療の対象外となる抗がん剤治療を受けた月に定額が給付されます。
【がん収入サポート特約】
がん診断給付金が支払われた場合、毎月定額が給付されます。
【がん先進医療特約】
健康保険が適用されない先進医療の技術料と一時金が給付されます。
【がん手術特約】
手術を受けた場合に一時金が給付されます。
【女性がんケア特約】
女性特有のがんで手術を受けた場合、もしくは乳房再建手術を受けた場合に一時金が給付されます。
保険料を支払う期間 ネットでの申し込み:終身(一生涯)のみ。
対面・郵送での申し込み:70歳まで、60歳まで、65歳まで、終身(一生涯)から選択可能。
保険料を支払う回数 月払のみ
保険料を支払う方法 ネットでの申し込み:クレジットカード払のみ。
対面・郵送での申し込み:口座振替、クレジットカード払から選択可能。
保障される期間 終身(一生涯)
加入方法 対面・ネット・郵送

【FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」】保障内容を評価します。

がん保険は各社趣向を凝らした特約をラインナップしてます。それはもうラインナップし過ぎてどれが必要で、どれが不要かわからなくなるほどです。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」も様々な特約があります。その特約ひとつひとつを評価していきたいと思います。

【基本保障】がん診断給付金

がん診断給付金は、がんと診断された場合にまとまった金額の一時金が給付される保障です。一時金の金額は選択できますが、基本保障なので取り外すことはできません。

一般的ながん保険は入院1日あたり5,000円といった入院保障が基本保障となることが多いのですが、最近のがん保険は一時金を基本保障にするタイプが増えています。

なので、FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」は

  • がんの保障は一時金よりも入院の保障が重要!長期の入院が怖い!

っていう方には向かない保険です。こういう方は三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」が向いています(ちなみにですが、三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」にも一時金はあります)。

逆に、

  • がんの保障に入院の保障は要らない!一時金が重要!

という方にFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」は向いてます。入院の保障がない分、保険料は安めに仕上がってます。

ちなみに、生命保険文化センターによると、がん系の入院は平均20日未満で退院できます。

胃の悪性新生物:19.2日
結腸及び直腸の悪性新生物:15.7日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:16.9日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:16.3日

こんな感じです。思ったより短いですよね。がんの入院は短期化する傾向にあり、代わりに自宅療養しながら通院で治療するケースが増えてきています。なので、入院給付金はむかしほど重要ではなくなっています。

このサイトでは、がんの医療費はがん保険の診断一時金で早期に確保しておくことを推奨しています。早い段階で医療費の不安を軽減することで、治療に専念できるようになるのがその理由です。

さて、がん診断給付金は以下の保障内容です。

給付額 給付条件 給付間隔 上皮内がん
5万円~ 300万円の範囲で選択可能
(5万円単位)
1回目の給付条件:がんと診断確定
2回目以降の給付条件:がんで入院もしくは通院したとき
1年
(給付回数無制限)
給付対象

保障内容はパーフェクトと言っていいです。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】2回目以降の給付条件に通院が含まれている。
  • 【GOOD!】給付間隔が1年。
  • 【GOOD!】上皮内がんも給付対象。給付額が減額されることもない。

現在は発売されているがん保険のなかでは、トップクラスの保障内容です。

まず、2回目以降の給付条件は「入院」もしくは「通院」となっている点が秀逸です。他社だと「入院」だけを条件とする場合が多く、通院治療だと一時金が給付されないことがあります。「入院」「通院」のどちらでも一時金が給付される点はFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」のメリットです。

また、他社の給付間隔が1年に1回は他社と同水準です。ちょっと古いがん保険だと2年に1回しか一時金給付されないこともあるのですが、1年に1回は安心です。再発と転移を繰り返すがんにも十分対応できます。

上皮内がんが給付対象となる点もメリットです。

上皮内がんとはがんの初期段階です。サッと手術で切り取ってしまえば完治する可能性が高く、保障対象外としているがん保険も多数あります。

こちらもちょっと古いがん保険だと上皮内がんが保障対象外だったり、保障額が半額になったりすることもあるのですが、FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」は通常のがんと同様にきっちり保障してくれます。

上皮内がんを気にする必要があるのは、特に女性です。乳がんは上皮内がんであっても通常のがんと同程度の治療が必要になるケースがあります。この点は女性にとってうれしいメリットですね。

ちなみにですが、がん診断給付金通院不担保特則を追加すれば、がん診断給付金の2回目の給付条件から通院を除くことができます。まぁでも現代の医療状況を考えれば、あえて通院を外す必要はないでしょう。

【基本保障】保険料払込免除

よくCMでみる「以降の保険料は頂きません!」っていう保障です。

がんと診断された場合に、以降の保険料支払いが免除されるのですが、FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」は優秀なのでそもそも保険料は安いです。保険料払込免除に大きな意味はありません。

それなのに、取り外しができない基本保障となっていることに疑問を感じます(保険料払込免除があることで、基本部分の保険料がいくらか上がっていると推測されます)。保険料払込免除もオプション化すればよかったのに…。

【そこそこ重要です】がん治療給付金特約

給付額 給付条件 上皮内がん
5万円~30万円/月から選択可能(1万円単位) 抗がん剤・ホルモン剤・放射線治療を受けた場合(月1回無制限給付) 給付対象

抗がん剤治療・ホルモン剤治療・放射線治療を受けた月に一時金が給付されるオプションです。がんの3大治療は手術・抗がん剤・放射線と言われていますが、3大治療のうち2つをカバーしています(手術は後述する「がん手術特約」でカバー)。

抗がん剤治療が必要になるケースは大きく2パターンあります。

  1. 手術でがんを切除できて、再発予防するための抗がん剤治療。
  2. 手術でがんを切除できず、進行を遅らせるための抗がん剤治療。

1のケースはあっさりと抗がん剤治療は終了します。長引くのは2のケースですね。

2のケースだと働くこともままならず、収入減もあり得ます。さらに、抗がん剤治療はなかなかのお値段。高額医療費制度の満額まで使い切ることも考えられます。

基本保障のがん診断給付金でまとまった金額を確保できていれば、がん治療給付金特約はそこまで重要ではありませんが、がんで働けなくなった場合の収入補填という意味では安心できる特約です。気になる方はつけておいてもよいでしょう。保障内容としても悪くはありません。他社同等です。

【そこそこ重要です】自由診療抗がん剤治療特約

給付額 給付条件 上皮内がん
薬剤料実費
(通算3,000万円)
保険診療および先進医療の対象外となる所定の抗がん剤治療・ホルモン剤治療を受けたとき。 給付対象

欧米では承認されているものの、日本では未承認であるために健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤治療・ホルモン剤治療を保障する特約です。

健康保険が適用される抗がん剤治療の自己負担は3割(現役世代)ですが、自由診療となると治療費は全額自己負担となります。

がん治療は日々進化していますが、抗がん剤治療の承認は欧米が一歩進んでいます。欧米で承認されたものの、日本では未承認の抗がん剤は数多くあり、その治療費はいくらかかるかわかりません。

その治療費を上限3,000万円まで保障してくれます。FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」に加入するなら間違いなく追加しておくべき特約です。

ちなみにですが、他社にも自由診療となる抗がん剤治療を保障する特約はありますが、「月1回20万円まで保障!」といった保障額の上限が低く設定されていることが大半です。FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」の「治療費の実費3,000万円まで保障」は画期的な保障内容です。

いくらかかるかわからない自由診療の抗がん剤治療。3,000万円もあればかなり安心できます。

ただ注意点があって、自由診療抗がん剤治療特約は5年更新です。契約から5年ごとに特約保険料が変わります。現状はどの年代も特約保険料はほぼ同じ(月400円前後)のようですが、将来的には特約保険料が上がる可能性もあります。

まあでもいまFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」に申し込むなら追加しておくべきです。特約保険料があり得ないくらい上がったら、5年後に特約削除しましょう。

【そんなに重要ではありませんが…】がん収入サポート特約

給付額 給付条件 上皮内がん
月5万円~15万円 基本保障であるがん診断給付金が給付されたとき 給付対象

基本保障のがん診断給付金に上乗せされて毎月定額が1年間給付される特約です。

例えば、がん診断給付金100万円・がん収入サポート特約10万円で契約していた場合、

がん診断給付金100万円+がん収入サポート特約10万円/月×12回=220万円

が給付されます。

がんで働けなくなった場合に困る家族がいるのなら、追加しておいてもよい特約です。というのも、特約保険料が激安。30歳男性で給付額5万円/月なら月672円の保険料で追加できます。この保険料ならお得です。

【重要です】がん先進医療特約

健康保険が適用されない先進医療を受けた際に一時金が給付される特約です。先進医療は治療費が数百万円かかることも多く(全額自己負担)、人生一発退場を避ける上で欠かせない特約です。

給付額 給付条件
・先進医療の技術料実費(保障期間通算で2,000万円まで保障)
・一時金として技術料実費の10%
先進医療を受けた場合。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】保障期間通算で2,000万円まで保障。
  • 【GOOD!】一時金給付あり。

他社の先進医療特約は保障期間通算500万円とか1,000万円までの保障もあり、2,000万円は手厚い保障です。

また、先進医療を対応できる病院は限られているため、遠方に移動することもあり得ます。一時金はその場合の宿泊費・交通費を用途として給付されます。
(給付されないがん保険もあります)

先進医療特約も基本的にはつけておくべきオプションです。保険料も月100円程度ですしね。

【そんなに重要じゃありません】がん手術特約

給付額 給付条件 上皮内がん
10万円~30万円の範囲から選択可能。
(10万円単位)
手術を受けたとき。 給付対象

一般的ながん保険では基本保障となることが多い手術の保障が特約になっています。

基本保障のがん診断給付金でまとまった金額を確保できていれば、保険料節約のためにばっさり落としてしまってもよいでしょう。私ならつけません。

【重要です】女性がんケア特約

女性特有のがんで手術を受けた際に一時金が給付されます。

給付額 給付条件
10万円~30万円の範囲で選択可能。
(10万円単位)
卵巣観血切除術:2回まで
子宮観血切除術:1回まで
乳房観血切除術:片側1乳房につき1回まで
乳房再建術:片側1乳房につき1回まで

旦那さんであれば、奥さんの意見を尊重しましょう。女性特有のがんに対して女性が抱いている恐怖は男性には想像もつきません。経済的な不安だけでも和らぐのなら、女性がんケア特約は絶対にアリです。

特に乳房再建術は美容的な手術をしたくなることもありますよね。そんなとき、FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」から一時金が給付されれば、余裕をもって手術に踏み切れるのではないでしょうか。

保険料も月200円前後と高くありません。ここまで女性向け疾病を手厚く保障するがん保険は貴重です。

【使えます】無料セカンドオピニオンサービス

がんで絶望的な状況に陥ると、主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞きたくなります。しかし、一般人には医師の知り合いなんていないですよね。そんなときに、無料で医師を紹介してくれるサービスはかなり役に立ちます。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」はティーペック社と提携してセカンドオピニオンサービスを無料で提供してます。

ちなみに、ティーペック社の月額利用料は1万円を超えます。月額1万円を超えるサービスを無料で利用できるのは大きなメリットですよね。

まとめます。

僕がFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:がん診断給付金(100万円)、保険料払込免除
  • 特約:自由診療抗がん剤治療特約、がん先進医療特約

上記の保障内容で40歳男性が毎月支払う保険料は4,711円、40歳女性なら4,003円です。

ちなみに、男性でがん収入サポート特約5万円/月を追加した場合は658円プラスされて5,369円。女性で女性がんケア特約100万円をつけた場合は1,092円プラスされて5,095円。がん保険にしてはちょっと高く見えますが、保障内容の充実っぷりを踏まえれば妥当かなと感じます。

がん保険は各社保障内容に特色があるので、同条件での保険料比較は難しいのですが、参考程度に比較します。比較対象は同じく一時金給付タイプであるメディケア生命「メディフィットPlus」です。

メディケア生命「メディフィットPlus」 FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」
基本保障:特定3疾病保障型(一時金100万円)
特約:先進医療特約、3大疾病保険料払込免除特約
基本保障:がん診断給付金100万円、保険料払込免除
特約:がん先進医療特約
40歳男性保険料 40歳女性保険料 40歳男性保険料 40歳女性保険料
4,655円 3,961円 4,352円 3,613円

保険料だけ見るとFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」が若干安いですよね。

ですが、保障内容に違いがあります。大きな違いは以下の2点。

  • メディケア生命「メディフィットPlus」はがんだけでなく3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)を保障対象にしている。
  • がん診断給付金の保障が充実しているのはFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」。メディケア生命「メディフィットPlus」は2回目の支給条件が入院。

保険料に大きな違いはないので、がんだけでなく心疾患・脳血管疾患まで保障範囲を広げるのであれば、メディケア生命「メディフィットPlus」も選択肢としてはアリでしょう。がんの保障を充実させたいのなら、FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」ですね。

がん保険の相談は保険ショップで!保険ショップの予約は↓からできます!

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」のデメリット

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」ここにご注意!
  • 【check】ネットでの加入は制限あり。

ささいなデメリットですが、FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」をネットから加入する場合は以下の制限があります。

  • 保険料を支払う期間が終身(一生涯)しか選べない。
  • 保険料の支払い方法がクレジットカード払のみ。口座振替が選べない。

がん保険は保障内容が複雑なので、対面で説明を聞いてから加入するのがおすすめです。ネットの情報だけで加入すると「こんなはずじゃなかったのに…」なんてことにもなりかねません。

後述しますが、FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」は全国各地の保険ショップで申し込みができます。保険ショップで申し込むと、ネットより保険料が高くなるなんてこともありません(同じ保障ならどこで申し込んでも同じ保険料です)。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」のメリット

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」ここがポイント!
  • 【check】がん診断給付金の給付条件がパーフェクトに素晴らしい。
  • 【check】女性特有のがんに対する特別な保障あり。
  • 【check】自由診療の抗がん剤治療が3,000万円まで保障される。

すべて上述しているので細かくは繰り返しませんが、がん診断給付金の保障内容が

  • 1年に1回給付
  • 2回目は入院・通院どちらも給付
  • 上皮内がんも同額給付

というのは現在発売されているがん保険のなかではトップクラスです。

また、女性特有のがんに対する保障があるがん保険は貴重です。女性にとっても安心できる保障内容です。

最後に、いくらかかるかわからない(そして全額自己負担となる)自由診療の抗がん剤治療を3,000万円まで保障対象とするのは画期的過ぎます。FWD富士生命さん、それで赤字ならないの?って心配になるほどです。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」の評価。

評価:「S」(S、A~Cで判定)。

評価は最上の「S」としました。

一時金の給付条件は完璧ですし、自由診療となる抗がん剤治療が3,000万円まで保障というのも業界最高額でしょう。女性特有の手術を手厚くできる点もポイントです。

雑誌での評価が高いがん保険なのですが、それも納得です。ここまで保障してくれるのなら、がんとなっても経済的な面ではかなり安心かと。

ただ、がん保険にしては保険料が若干高く感じる方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は、同じく一時金ベースで保障するタイプの朝日生命「スマイルセブンSuper」と比較してみてください。

朝日生命「スマイルセブンSuper」もがんと診断されればまとまった金額の一時金が給付されます。この点はFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」と同じです。給付条件もFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」に負けず劣らず優秀です。

それでいて、朝日生命「スマイルセブンSuper」は保険料が高くありません。FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」をご検討されている方は、朝日生命「スマイルセブンSuper」と比較してみて損はないかと思います。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」の相談をするなら。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」は幅広い保険ショップで取り扱っています。みなさんのご自宅近くの保険ショップでも取り扱ってる可能性が高いです。

けれども、フラッと保険ショップに立ち寄ってみて、

「うち、FWD富士生命の生命保険取り扱ってないですよ」

なんて言われてら悲しいですよね。そんなことがないように事前に調べておきましょう。ニアエルなら、取り扱っている生命保険会社を条件に保険ショップの検索と予約ができます。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。予約も簡単で、自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

さらに、ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。ニアエルに掲載されている保険ショップなら、実際に利用した方の口コミも掲載されてますし、通報があれば掲載停止もあり得ますし、まず安心かと。

もちろん保険ショップでの相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

予約は↓から!

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておくと相談がスムーズに進みます。

  • 予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
  • 事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。

特に2点目です。事前に相談内容を伝えておけば、星の数ほどある保険のなかから、希望に合いそうなやつをピックアップしてお出迎えしてくれます。

近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

保険見直しラボが取り扱っている保険会社数は30社を超えます。選択肢の広さが大きなメリットです。

また、訪問型なので、自宅や会社や近所の喫茶店等、指定した場所まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

予約は↓から!

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

念のため言い添えておくと、保険見直しラボはFWD富士生命と提携してます。保険見直しラボの全スタッフがFWD富士生命の生命保険を取り扱うことができるのでご安心を。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」

一時金給付タイプのがん保険としては、トップクラスの保障内容です。

自由診療の抗がん剤治療を保障対象にできたり、女性特有の以下の手術に対する保障を手厚くすることもできます。

  • 卵巣観血切除術
  • 子宮観血切除術
  • 乳房観血切除術
  • 乳房再建術

保障内容を踏まえれば、保険料も高いということもなく選んで後悔する可能性は低いがん保険です。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」は全国の保険ショップで加入できます。保険ショップの検索と予約は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする