【評価A】メットライフ生命のがん保険「ガードエックス」デメリットと評価

がん心配
メットライフ生命のがん保険が2,000人のがん経験者の声を聞いて開発されたんなら、もうこれでいいんじゃないか?

そう決めてしまうのはまだ早いです。

メットライフ生命「ガードエックス」はちょっとクセがあるんですよね。このクセが「2,000人のがん経験者」の声なのかもしれませんが、一般的ながん保険とは違うアプローチをしています。

このクセがハマる人もいるでしょう。ハマらない人もいるでしょう。いずれにせよ、他社のがん保険との比較はしておいて損はありません。

がん保険は生命保険各社がしのぎを削って開発しています。がん保険を選ぶ際には、慎重に他社のがん保険と比較することが鉄則です。

メットライフ生命「ガードエックス」ここがポイント
  • 治療ベースで保障されるがん保険です。がんと診断されただけでは保障されません。
  • 男性の保険料が全年代お安めです。

気になるのが1点目ですよね。

詳しくは後述しますが、基本保障であるがん治療給付金の支給条件は以下のとおりです。

  • 公的医療保険制度の給付対象となる所定の手術、放射線治療、抗がん剤治療のいずれかを受けたとき。
  • 「最上位の進行度を示す病期」と診断され、その日以後に入院または通院したときに。

上の2点に当てはまると、1年に1回まとまった金額(100万円とか)の一時金が支給されます。単純にがんと診断されたら一時金が支給されるわけではないんです。ここが大きなポイントです。

他社のがん保険はがんと診断されれば即座に一時金支給が一般的。そう考えると、メットライフ生命「ガードエックス」は劣ってるように見えますが、その分保険料が他社より安めになってます。特に男性の保険料が激安です。

また、「最上位の進行度を示す病期」とはいわゆる「末期」のことです。「末期」を条件に一時金を支給するがん保険は他社にありません。この点が「2000人アンケート」の結果なのでしょう。

がん保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

がん保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. がん診断一時金、先進医療保障、通院保障の手厚さ。がん保険で必要な保障はこの3つです。他の保障の優先度はこの3つに劣ります。
  2. がん診断一時金の支給条件。がん診断一時金の支給条件は生命保険各社バラバラです。がんの治療費は一時金で確保することが経済的にも精神衛生的にも重要です。
  3. 通院保障の保障期間。通院保障の保障期間も生命保険各社バラバラです。最近のがん治療は入院が短期化しており、その代わりに通院が長期化しています。
  4. 無料で受けられるセカンドオピニオンサービスの有無。主治医の意見は絶対に正しいとは限りません。主治医以外の意見(セカンドオピニオン)を無料で聞けるサービスは命にかかわるがんにおいては重要です。

まずはざっと概要を書いておきます。上の4点について、メットライフ生命「ガードエックス」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
(S、A~C)
「がん診断一時金」
「先進医療特約」
「通院保障」の保障有無
がん診断一時金:あり
先進医療特約:あり
通院保障特約:あり
A
がん診断一時金の支給条件 支給回数:5回
支給間隔:1年
支給条件:下記①②のいずれか。
①公的医療保険制度の給付対象となる所定の手術・放射線治療・抗がん剤治療のいずれかを受けたとき。
②「最上位の進行度を示す病期」と診断され、その日以後に入院または通院したとき。
A
通院保障 あり A
セカンドオピニオンサービス あり(ティーペック社と提携) S

保障内容はシンプルです。

・余計な保障は不要で、とにかく保険料を安くしたい!

という方は選択肢に加えてよいがん保険でしょう。ただし、保険料が安くなるのは男性。なぜか女性は全年代を通じてそこまで保険料が安くありません。

ちなみに、がん保険は下記のリンク先で比較をしています。こちらもご参考に。

がん保険おすすめ比較ランキング

がん保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

メットライフ生命「ガードエックス」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他のがん保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【がん保険】
・がんに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
(取り外しができない保障)
【がん治療給付金】
・公的医療保険制度の給付対象となる所定の手術、放射線治療、抗がん剤治療のいずれかを受けたときに一時金が支給されます。
・「最上位の進行度を示す病期」と診断され、その日以後に入院または通院したときに一時金が支給されます。
【保険料払込免除】
がんと診断された場合、以降の保険料支払いが免除されます(保障は継続します)。
特約
(好みによってつけたり外したりができる保障)
【ホルモン剤治療保障】
ホルモン剤治療1回につき、定額が支給されます。
【がん先進医療保障】
健康保険が適用されない先進医療の技術料と一時金が支給されます。
【がん入院保障】
入院1日につき、定額が支給されます。
【がん通院保障】
通院1日につき、定額が支給されます。
【がん診断保障】
がんと診断された場合に一時金が支給されます。
保険料を支払う期間 終身(一生涯)のみ
保険料を支払う回数 月払のみ
保険料を支払う方法 口座振替、クレジットカード払から選択可能。
保障される期間 終身(一生涯)
加入方法 対面・ネット・郵送

【メットライフ生命「ガードエックス」】保障内容を評価します。

がん保険は各社趣向を凝らした保障内容をラインナップしてます。それはもうラインナップし過ぎてどれが必要で、どれが不要かわからなくなるほどです。

メットライフ生命「ガードエックス」も様々な特約があります。その特約ひとつひとつを評価していきたいと思います。

【基本保障】がん治療給付金

がん治療給付金はまとまった金額の一時金が支給される保障です。一時金の金額は選択できますが、基本保障なのでがん治療給付金を取り外すことはできません。一般的ながん保険は入院が基本保障ですが、最近のがん保険は一時金を基本保障にするタイプが増えています。

  • がんの保障に一時金は要らない!入院の保障が重要!

っていう方には向かない保険です。こういう方は三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」が向いています。

逆に、

  • がんの保障に入院の保障は要らない!一時金が重要!

という方にメットライフ生命「ガードエックス」は向いてます。入院の保障がない分、保険料は割安です。

ちなみに、生命保険文化センターによると、がん系の入院は平均20日未満で退院できます。

胃の悪性新生物:19.3日
結腸及び直腸の悪性新生物:18.0日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:18.8日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:20.9日

こんな感じです。思ったより短いですよね。がんの入院は短期化する傾向にあり、代わりに自宅療養しながら通院で治療するケースが増えてきています。

このサイトでは、がんの医療費はがん保険の診断一時金で早期に確保しておくことを推奨しています。早い段階で医療費の不安を軽減することで、治療に専念できるようになるのがその理由です。

さて、がん治療給付金は以下のような内容です。

支給額 支給条件 支給間隔 上皮内がん
50万円 or 100万円で選択可能 下記の①②のいずれかを満たした場合。
①公的医療保険制度の給付対象となる所定の手術・放射線治療・抗がん剤治療のいずれかを受けたとき。
②「最上位の進行度を示す病期」と診断され、その日以後に入院または通院したとき。
1年
(5回まで)
支給対象
(ただし支給額は半額)

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】支給間隔が1年。他社は2年が標準なので間隔短め。
  • 【VERY GOOD!】2回目以降の支給条件が1回目と同じ。治療を受ければ2回目以降も支給対象。他社は入院が条件となることあり。
  • 【BAD】支給回数5回まで。他社は無制限の場合あり。
  • 【BAD】上皮内がんは支給額が半額になる。
  • 【BAD】支給条件が「公的医療保険制度の給付対象」。

支給間隔が1年なのは良いのですが、最大5回までしかがん治療給付金は支給されません。再発・転移を繰り返し、5年を超える闘病となるケースを想定すると心細いですよね。

また、上皮内がんの支給額が半額となるのもデメリットです。上皮内がんとは初期のがんであり、手術で完治することが多いのですが、乳がんの場合は通常のがんと変わらない治療となることもあります。支給額が半額になってしまうと、治療費を一時金で賄いきれない場合もあります。

そして気になるデメリットは支給条件です。「公的医療保険制度の給付対象となる所定の手術・放射線治療・抗がん剤治療」が条件となっており、がんと診断されれば一時金が支給されるわけではありません。条件は公的医療保険制度の給付対象となる治療です。

例えば、「公的医療保険制度の給付対象」でない自由診療(全額自己負担)のみを受けた場合は支給対象外になってしまいます。

自由診療が必要になったときこそ、民間の医療保険の出番なのですが、「公的医療保険制度の給付対象」が条件となっているため、自由診療のみの治療はがん治療給付金の支給対象外です。

例えば、日本未承認の抗がん剤治療(公的医療保険制度の対象外)のみを用いたがん治療をする場合は一時金が支給されない可能性があります。

ただし、こういったケースはかなりレアでしょう。そこまで気にする必要はないかもしれませんが、ちょっと注意が必要ですね。

ちなみに、自由診療となる抗がん剤治療を保障してくれるがん保険もあります。不安な方は下記リンクもご参照ください。

チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」のデメリットと評価

メットライフ生命「ガードエックス」の足りない部分を補っているのが、チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」です。本当に不安な方は、両方の基本保障だけ加入するという手段もアリです。

また、もうひとつの条件「最上位の進行度を示す病期」はいわゆる末期の状態です。助かる見込みが少ないなかで、がん治療給付金を支給されても…(痛みを抑える緩和ケアとかに使えるかもしれませんが)。

しかし、とても大きなメリットがあります。それは、2回目以降の支給条件が1回目と同じという点です。

他社のがん保険は2回目の支給条件が「入院」となる場合が多いのですが、メットライフ生命「ガードエックス」は1回目と同じです。つまり、治療が長期間継続していて、その治療が入院の必要がない通院の手術・放射線治療・抗がん剤治療であっても、1年経過していればがん治療給付金が支給されます。

現在のがん治療は入院よりも、自宅療養しながらの通院に軸足が置かれています。2回目の支給条件が「入院」となっているがん保険があるなかで、メットライフ生命「ガードエックス」は通院でも入院でも支給対象となります。

長く書いてしまいましたが、まとめるとトライフ生命「ガードエックス」のがん治療給付金はかなり優秀です。なんといっても支給条件・支給期間に他社のがん保険にはないメリットがあります。

【基本保障】保険料払込免除

よくCMでみる「以降の保険料は頂きません!」っていう保障です。

がんと診断された場合に、以降の保険料支払いが免除されるのですが、メットライフ生命「ガードエックス」は優秀なのでそもそも保険料は安いです。保険料払込免除に大きな意味はありません。

それなのに、取り外しができない基本保障となっていることに疑問を感じます(保険料払込免除があることで、保険料がいくらか上がっていると推測されます)。保険料払込免除もオプション化すればよかったのに…。

【女性はつけておいた方が安心】ホルモン剤治療保障

基本保障なのですが、取り外すこともできます。

支給額 支給条件 支給間隔
10万円 or 30万円で選択可能 ホルモン剤治療を受けたとき 1年
(10回まで)

乳がんなどの治療に利用されることが多いホルモン剤治療に特化した保障です。乳がんに不安のある女性にとっては安心できる保障ですね。

メットライフ生命「ガードエックス」のがん治療給付金はホルモン剤治療が支給対象になってません。なので、女性はつけておいた方がよいでしょう。こちらも一時金は1年に1回支給対象なので、保障内容は悪くありません。

逆に、男性もつけることができますが、必要性が薄いでしょう。

【重要】がん先進医療保障

健康保険が適用されない先進医療を受けた際に一時金が支給される特約です。先進医療は数百万円かかることも多く(全額自己負担)、人生一発退場を避ける上で欠かせない特約です。

支給額 支給条件
・先進医療の技術料実費(保障期間通算で2,000万円まで保障)
・一時金として技術料実費の20%(1回100万円限度)
先進医療を受けた場合。

以下、ポイントです。

  • 【BAD】終身型ではなく、10年更新型。

先進医療保障は終身型ではなく、10年更新型です。10年後に保険料が上がる可能性が高いです。他社は終身型(一生涯保険料が変わらない)であるケースもあり、この点はデメリットになります。

【そんなに重要じゃありません】がん入院保障

選択できる入院給付金(入院1日あたりの支給額)は5,000円のみです。入院61日目からは倍額の10,000円となります。

がんの治療は入院が短期化し、その分自宅療養をしながらの通院が長引く傾向にあります。繰り返しますが、がん系の入院日数の平均は以下のとおりです。

胃の悪性新生物:19.3日
結腸及び直腸の悪性新生物:18.0日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:18.8日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:20.9日

参考にしたのは生命保険文化センターです。がん系の入院は平均20日未満で退院できます。意外と短いですよね。

従って、優先するべきは入院保障よりも通院保障です。入院保障はそこまで重要ではなく、入院保障をオプション化しているメットライフ生命「ガードエックス」はグッジョブです。

【重要】ガン通院保障

がんでの通院1日あたりに定額が支給される特約です。通院時の医療費に充てられることが多く、長期間の通院を保障できるかが重要です。

支給額 支給条件 保障期間
通院1日あたり5,000円。 がんによる通院をした場合。 1年間で60日間が限度。

1年間で通院60日を限度に通院給付金が支給されます。

1週間1日ペースの通院なら問題なく通院給付金が支給されるので、通院保障は手厚いと言っていいでしょう。気になる方はつけてもよいオプションです。

【重要】がん診断保障

がんと診断された場合に一時金が支給される特約です。自己負担となる医療費等、いろいろな使い方ができる一時金です。

支給額 支給条件 支給間隔 上皮内がん
50万円or100万円から選択可能 がんと診断された場合。 1回のみ。 支給対象
(支給額は半額)

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】がんと診断されたら支給される。
  • 【BAD】支給回数は1回のみ。
  • 【BAD】上皮内がんは支給額が半額になる。

基本保障のがん治療給付金は治療ベースで一時金が支給されますが、支給条件が緩く(がんと診断されたら支給される)、基本保障のがん治療給付金では保障対象外となっていた自由診療でも支給対象となります。

しかし、支給回数は1回のみ。あくまでもがん診断保障は初回だけ一時金が上乗せされる特約です。

ちなみに、がん診断保障をつけると保険料が上がります。保障の有無で保険料を比較します。
(40歳男性・がん診断保障50万円のケースで比較)

がん診断保障あり 2,405円
がん診断保障なし 1,369円

この例では、がん診断保障をつけると毎月支払う保険料が1,036円上がります。1,036円で一時金50万円。基本保障で十分な一時金を確保できていれば、がん診断保障の必要性は薄いかなぁと感じます。

【超重要】無料セカンドオピニオンサービス

がんで絶望的な状況に陥ると、主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞きたくなります。しかし、一般人には医師の知り合いなんていないですよね。そんなときに、無料で医師を紹介してくれるサービスはかなり役に立ちます。

メットライフ生命「ガードエックス」はティーペック社と提携してセカンドオピニオンサービスを無料で提供してます。

ちなみに、個人で会員になるとティーペック社の月額利用料は1万円を超えます。月額1万円を超えるサービスを無料で利用できるのは大きなメリットですよね。

まとめます。

僕がメットライフ生命「ガードエックス」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:がん治療(50万円)
  • 特約:先進医療保障、通院保障

上記の保障内容で40歳男性が毎月支払う保険料は2,132円、40歳女性なら2,640円です。他社のがん保険より男性は安い水準、女性はちょっと高めかなぁという印象ですね。

まぁでも繰り返しますが、全般的にはしっかりまとまった保障をしてくれるがん保険でしょう。特に男性は保険料が安めに設定されており、選択肢に加えてよいがん保険です。

メットライフ生命「ガードエックス」のメリット

メットライフ生命「ガードエックス」ここがポイント!
  • 【check】がん治療給付金の支給間隔が1年。他社は2年が標準的。
  • 【check】がん治療給付金の2回目以降の支給条件が1回目と同じく治療のみで支給される。
  • 【check】男性は保険料が割安。

1点目、2点目は上述のとおりです。3点目について説明します。

がん保険は各社保障内容に特色があるので、同条件での保険料比較は難しいのですが、参考程度に比較します。比較対象は保障内容が似ているFWD富士生命「新がんベスト・ゴールドα」です。

FWD富士生命「新がんベスト・ゴールドα」 メットライフ生命「ガードエックス」
基本保障:がん治療(一時金50万円)、保険料払込免除
特約:上皮内新生物診断給付金(20万円)、がん先進医療給付金・がん先進医療一時金
基本保障:がん治療(一時金50万円)、保険料払込免除
特約:先進医療保障
40歳男性保険料 40歳女性保険料 40歳男性保険料 40歳女性保険料
1,976円 1,767円 1,472円 1,945円

保障内容は極力合わせました。男性の保険料はメットライフ生命「ガードエックス」が圧倒的に安く、このあとデメリットに書きますが女性は高くなっています。

FWD富士生命「新がんベスト・ゴールドα」の保険料が平均より高いわけではありません。むしろ平均より安いくらいなのですが、メットライフ生命「ガードエックス」はさらに安い保険料になってますよね(男性は)。

メットライフ生命「ガードエックス」のデメリット

メットライフ生命「ガードエックス」ここにご注意!
  • 【check】がん治療給付金の支給条件が「公的医療保険制度の給付対象」のみ。
  • 【check】先進医療保障が10年更新型。10年後におそらく保険料は上がる。
  • 【check】上皮内がんは支給額が半額。
  • 【check】女性は保険料が割高。

1点目から3点目は上述しています。ここでは繰り返しませんが、メットライフ生命「ガードエックス」は保障内容を限定している代わりに、保険料を安く抑えているという点を評価する必要があるでしょう。

4点目はメリットにも書きましたが、なぜか女性は全体的に保険料が割高になります。女性は他社のがん保険との比較は必須でしょう。

ちなみに、上の図で比較したFWD富士生命「新がんベスト・ゴールドα」は、逆に女性の保険料が安め。しかも

  • 卵巣観血切除術
  • 子宮観血切除術
  • 乳房観血切除術
  • 乳房再建術

こんな女性特有の治療を特別に保障してくれる特約もあります。メットライフ生命「ガードエックス」を検討されている女性は、FWD富士生命「新がんベスト・ゴールドα」とも比較してみてください。

メットライフ生命「ガードエックス」の評価。最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:「A」(S、A~Cで判定)。

基本保障を必要最小限に抑え、オプションを充実させているメットライフ生命「ガードエックス」。その分、基本保障だけの契約なら保険料は安く収まります。

基本保障である「がん治療給付金」の支給条件は以下のとおり。

  1. 公的医療保険制度の給付対象となる所定の手術・放射線治療・抗がん剤治療のいずれかを受けたとき。
  2. 「最上位の進行度を示す病期」と診断され、その日以後に入院または通院したとき。

「公的医療保険制度の給付対象」が気になりますが、他社と比較してみればかなりよい条件です。1年間隔で2回目以降も↑の条件で一時金が支給される点も大きなメリットですね。入院していなくても、治療を受けていれば2回目以降も支給されます。

まとめます。メットライフ生命「ガードエックス」は「使えるがん保険」に仕上がっています。ここは2,000人の意見を集約しただけのことはありますね。

しかし、ここでひとつ比較してみてほしいがん保険があります。朝日生命「スマイルセブンSuper」です。

朝日生命「スマイルセブンSuper」はがんと診断されればまとまった金額の一時金が支給されます。支給条件は診断だけ。治療は条件じゃありません。さらに、一時金は1年に1回支給で回数無制限。がんで長期間の闘病となった場合も1年に1回の間隔で、一時金が無制限で支給されます。

朝日生命「スマイルセブンSuper」は保険料も高くありません。メットライフ生命「ガードエックス」をご検討されている方は、朝日生命「スマイルセブンSuper」と比較してみて損はないかと思います。

メットライフ生命「ガードエックス」の相談をするなら。

メットライフ生命「ガードエックス」は幅広い保険ショップで取り扱っています。みなさんのご自宅近くの保険ショップでも取り扱ってる可能性が高いです。

けれども、フラッと保険ショップに立ち寄ってみて、

「うち、メットライフ生命取り扱ってないですよ」

なんて言われてら悲しいですよね。そんなことがないように事前に調べておきましょう。ニアエルなら取扱生命保険会社を条件に保険ショップの検索と予約ができます。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

念のため言い添えておくと、保険見直しラボはメットライフ生命と提携してます。保険見直しラボの全スタッフがメットライフ生命を含む30社以上の保険を取り扱うことができるのでご安心を。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:メットライフ生命「ガードエックス」

シンプルな保障内容で(男性の)保険料は安く抑えているメットライフ生命「ガードエックス」。

一時金の支給条件も良いです。「公的医療保険制度の給付対象」が気になりますが、他社と比較してみればかなりよい条件です。1年間隔で2回目以降も1回目と治療だけで一時金が支給される点も大きなメリットですね(入院していなくても支給対象です)。

メットライフ生命「ガードエックス」は全国の保険ショップで加入できます。保険ショップの検索と予約は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする