【おすすめ】入院保障で比較する医療保険【厳選5つ】

選ぶ
医療保険で入院の保障を手厚くしておきたいなぁ。入院って何かとお金がかかりそうだし…

医療保険の大切な役割は入院に関する保障です。医療保険を選ぶ際にはどれくらい手厚く入院を保障してくれるか気になりますよね。

入院して収入が激減…。医療費も膨らんで大変ことに…。なんて状況をカバーするのが民間の医療保険です。

この記事では厳選した5つの医療保険の「入院保障」を比較します。対象は以下の5つの医療保険。入院保障を含む、総合的な観点から評価して、以下の5つがいまのところ

「おすすめできる医療保険」

です。

オリックス生命「新CURE(キュア)」

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」

チューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」

朝日生命「スマイルメディカルネクストα」

はなさく生命「はなさく医療」

ひとまずは、この5つの医療保険から選んでおけば後悔する可能性は低いかと。入院以外の保障もきっちりしてますし、それでいて保険料は高くありません。

ちなみにですが、入院保障を比較するポイントは以下の3点です。

  • 短期の入院に備えられるか。
  • 脳血管疾患、メンタル系の疾患といった長期の入院になる疾病に備えられるか。
  • 毎月支払う保険料

実のところ、入院日数は短期化する傾向にあります(その代わり通院が長期化しています)。

日本人の入院日数平均:31.9日
35歳~64歳の入院日数平均:24.4日

参考にしたのは生命保険文化センターです。意外と短いですよね。なので短期の入院でもしっかり保障してくれるかは大切なポイントです。

しかし、それでも脳血管疾患とメンタル系の疾患は入院が長期に渡ることもあります。平均を見ても、どちらも長くなってますよね。脳血管疾患とメンタル系の疾患が原因の長期入院に備えられるかも大切。

そして保険料は安い方がいいですよね。それなりの保険料で、自分が考える必要十分な保障を得られるかも医療保険選びの重要なポイントです。

医療保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

短期の入院保障を比較する。

一般的な医療保険は入院1日対して入院給付金が支払われます。5日間入院したら5日分の入院給付金。10日間入院したら10日間分の入院給付金です。

さて、ここで問題になるのが日帰りを含む短期の入院です。冒頭書きましたが、現在は入院が短期化しています。

例えば日帰り入院だと入院給付金1日分しか支給されないこともあります。それだと医療費やその他の費用(交通費や日用品費等)は足りません…。

そこで、医療保険によっては

  • 短期入院の場合でも一律5日分の入院給付金を支給する。
  • 入院すれば必ず一時金を支給する。

といった保障内容にしている場合があります。現代の入院状況に見合った保障内容ですよね。

ということですので、厳選5つの医療保険の短期入院保障を比較してみます。

医療保険 短期入院の保障 保障内容
新CURE あり 【入院一時金特約】
3万円 ・5万円 ・10万円から選択可能
&LIFE 新医療保険Aプレミア あり 【基本保障】
一律5日分の入院給付金支給
【初期入院10日給付特則】
一律10日分の入院給付金支給
終身医療プレミアムDX あり 【入院一時金特約】
5万円 ・10万円 ・20万円から選択可能
スマイルメディカルネクストα あり 【基本保障】
入院給付金の0倍(なし)・10倍 ・20倍 ・30倍・40倍から選択可能。
はなさく医療 あり 【入院一時金特約】
1万円~20万円の範囲内で選択可能

結論:すべての医療保険が短期の入院もしっかり保障。

厳選しただけあって各社ともに短期入院に保障があります。優秀です。

保障内容も大きな差はありません。「基本保障」というのは契約すると必ず保障されます。「入院一時金特約」「初期入院10日給付特則」というのはオプションです。どちらが良いということはありません。

となると、決め手は保険料ですね。これはまた後程。

長期の入院保障(脳血管疾患、メンタル系疾患)を比較する。

続いて長期の入院保障です。

最近は入院が短期化していますが、それでも長期の入院になりやすいのが脳血管疾患とメンタル系疾患です。

血管性及び詳細不明の認知症:376.5日
統合失調症等:546.1
気分(感情)障害:113.4
アルツハイマー病:266.3
脳血管疾患:89.5

参考:生命保険文化センター

メンタル系疾患で入院となると相当な重症ですが、それでも入院が1年を超えることもあります。これはつらい…。

脳血管疾患も入院が長引きます。脳血管疾患とは、代表例は脳梗塞ですね。こちらもつらい…。

さて、厳選5つの脳血管疾患とメンタル疾患の入院保障を比較してみます。

医療保険 脳血管疾患の長期入院保障 メンタル系疾患の長期入院保障  保障内容
新CURE あり(無制限) なし 【基本保障】
7大疾病の入院を無制限保障。
&LIFE 新医療保険Aプレミア あり(無制限) なし 【8大疾病入院無制限給付特則】
8大疾病の入院を無制限保障。
終身医療プレミアムDX あり(無制限) あり(365日) 【7大疾病延長入院特約】
7大疾病の入院を無制限保障。
【ストレス性疾病延長入院特約】
ストレス性疾病の入院を365日まで延長保障。
スマイルメディカルネクストα あり(無制限) あり(120日) 【基本保障】
7大生活習慣病を無制限保障。また、メンタル系疾患の入院を120日まで延長保障。
はなさく医療 あり(無制限) なし 【8大疾病入院支払日数無制限特則】
3大疾病の入院を無制限保障。

結論:すべての医療保険が脳血管疾患の入院をしっかり保障。メンタル系疾患の入院保障は終身医療プレミアムDXが手厚い。

脳血管疾患の入院給付金が無制限支給になるのは各社同じ。基本保障で無制限になるか、オプションで無制限にできるか違いはありますが、ここは大きな違いではありません。

特色があるのはメンタル系疾患の保障です。最も手厚いのが終身医療プレミアムDXですね。1年間の入院を保障してくれるのは安心です。

毎月支払う保険料を比較する。

さて、最後に保険料を比較します。保障内容が手厚くても、保険料が高ければちょっと残念です。お手頃な保険料でそれなりの保障がベスト。要はバランスです。

比較条件は以下のとおり。

・入院給付金は1日1万円(60日間限度)
・短期の入院でも入院1回10万円が支給される。
・脳血管疾患は入院給付金無制限支給
・メンタル系の疾患も可能な限り長期保障とする。
・先進医療特約あり
・保険料は終身払い。

保険料は性別と年齢で変わってきます。なのでここでは30歳と40歳を例に比較してみます。

【30歳の部】

医療保険 30歳男性 30歳女性 備考
新CURE 3,511円 4,048円
&LIFE 新医療保険Aプレミア 3,598円 3,758円
終身医療プレミアムDX 2,762円 3,242円 メンタル疾患の入院を365日まで延長保障。
スマイルメディカルネクストα 3,486円 3,456円 メンタル疾患の入院を120日まで延長保障。
はなさく医療 3,049円 3,139円 入院一時金なし。

【40歳の部】

医療保険 40歳男性 40歳女性 備考
新CURE 4,936円 4,635円
&LIFE 新医療保険Aプレミア 4,608円 4,128円
終身医療プレミアムDX 3,802円 4,302円 メンタル疾患の入院を365日まで延長保障。
スマイルメディカルネクストα 4,936円 4,076円 メンタル疾患の入院を120日まで延長保障。
はなさく医療 4,329円 3,689円 入院一時金なし。

結論:終身医療プレミアムDXが安い。女性なら&LIFE 新医療保険Aプレミアまたはスマイルメディカルネクストαが安くなることもあり。

メンタル疾患の延長保障がついても保険料が安いのはチューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」です。30歳の部では飛びぬけてますね。

40歳の部でも男性はチューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」が最安値。女性は三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」と朝日生命「スマイルメディカルネクストα」が拮抗してます。いい勝負ですねー。

保険料は年齢・性別によって変わってきます。30歳・40歳ではたまたまこのような結果になりましたが、別の年齢では結果が異なるかもしれません。

結論です。

入院保障が安く強力なのはチューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」。チューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」を軸に厳選5つの医療保険と比較する。

保険料も安く、短期の入院も一時金でしっかり保障。脳血管疾患を含む7大疾病とメンタル疾患の長期入院にも備えられるチューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」が軸です。入院保障重視なら、チューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」は外せません。

しかし、医療保険は入院保障だけではありません。入院が短期する現状、より重要なのな通院保障に移りつつあります。

なので、他社の医療保険との比較しておいて損はありません。医療保険の比較は専門家が無料でやってくれます。いきなり「チューリッヒ生命に決めた!」とはせず、しっかり比較してから決めましょう。

厳選5つ医療保険は保険見直しラボが無料で比較してくれますよ。
何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

【おまけ】入院給付金をチェック!

入院給付金とは入院1日あたりに支給される金額です。入院1回につき、入院給付金を支払う限度の日数があります。また、保障期間通算で入院給付金を支払う限度の日数もあります。

厳選5つの医療保険は頂上決戦みたいなものなんで、全ての医療保険で入院給付金はしっかりした保障内容になってます。念のため一覧にしておきます。

入院給付金の保障内容

医療保険 入院給付金の選択肢 入院給付金の支払い限度日数の選択肢
(入院1回)
入院給付金の支払い限度日数
(保障期間通算)
新CURE 5000円・10,000円 60日間 1,000日間
&LIFE 新医療保険Aプレミア 3000円~20,000円 30日間・60日間・120日間 1,095日間
終身医療プレミアムDX 5000円・10,000円・15,000円 30日間・60日間・120日間・360日間 1,095日間
スマイルメディカルネクストα 3000円~10,000円 60日間 1,000日間
はなさく医療 3000円~20,000円 60日間・120日間 1,095日間

そもそも入院給付金の支給条件は各社違いがありません。厳選5つの医療保険もそうですね。特に欠点はありません。

入院給付金の金額決め方

医療費は公的医療保険が7割負担してくれます(現役世代は)。自己負担額は3割です。

その3割にも高額医療費制度によって上限が決められています。青天井に医療費が膨らむっていうことはまずありません。まずはこの点をしっかり抑えておきましょう。

民間の医療保険から支払われる入院給付金は、日々の入院にかかる公的医療保険でサポートされない費用に充てられるのが主な用途です。具体的には以下の入院費用に使われます。

  • 差額ベッド代(個室代)
  • 食事代
  • 交通費
  • 入院中の生活雑貨

上の4点は公的医療保険ではサポートされず、全額自己負担となります。でも、各々どれくらいかかるか想像もつきませんよね。個別に見ていきます。

差額ベッド代:平均6,188円

差額ベッド代は1部屋を何人で使うかによって料金が変わります。厚生労働省の調査によると平均は以下のとおり。

1人部屋 7,797円
2人部屋 3,087円
3人部屋 2,800円
4人部屋 2,407円

1人部屋が突出してます。プライベートが確保できる1人部屋なら、周囲に気遣いせず治療に専念できますよね。特に女性の場合はプライベートが守れる1人部屋願望が強いかもしれません。

ちなみに、大部屋なら差額ベッド代は不要です。

食事代:1食460円(1日1,380円)

食事代は固定額です。ただし、住民税非課税世帯等の場合はもう少しお安くなります。
(参考 全国健康保険協会

交通費、生活雑貨:マチマチ

交通費、生活雑貨は人によってマチマチですよね。自宅近くに病院に入院すれば安く済みますし、遠くであれば交通費はかかります。

以上、合計すると差額ベッド代平均と食事代で7,568円となりました。この金額に、交通費や生活雑貨、そのほか諸々の費用が追加されると、入院給付金は10,000円あれば十分と言えます。

ちなみに、治療費を含めた1日あたりの入院費自己負担額平均は19,835円だそうです(生命保険文化センター調べ)。これも入院給付金を決めるときのご参考に。

入院給付金の支払い限度日数の決め方。

もうひとつ、入院1回あたりの入院給付金の支払い限度日数も加入者が決められます。

手掛かりになるのは病気別の入院日数平均です。

日本人の平均:31.9日
35歳~64歳の平均:24.4日

参考にしたのは生命保険文化センターです。入院日数は病気よって大きく変わります。入院が長くなるのは精神系の疾患。がんや心疾患は以外と短いですよね。

平均から考えると、35歳~64歳は概ね1ヶ月弱くらいで退院できそうです。支払い限度日数は60日あれば安心できそうですね。

しかし、冒頭書きましたが脳血管疾患とメンタル疾患は長引く傾向にあります。気になる方は延長保障をつけておきましょう。

日本人の1日あたり入院保障額平均は?

1日あたりの平均は男性で10,800円、女性で9,200円と言う調査結果があります(生命保険文化センター調べ)。概ね1万円程度の入院給付金を設定しているようですね。

  • 入院にかかる健康保険対象外の費用(差額ベッド代、食費、日用雑貨等)は入院給付金で賄う。
  • 治療費の自己負担額は入院給付金以外の一時金、手術給付金等で賄う。

といった医療保険の入り方をしており、入院しても貯金を切り崩さずに安心して生きていけるようにしているのでしょう。みなさんしっかりしてますね。

【おまけ】手術給付金をチェック!

手術給付金とは手術1回あたりに支給される一時金です。入院中の手術と、通院の手術で支給される金額が異なります。

医療保険の基本保障は入院給付金だけではありません。手術給付金だってあります。

手術給付金には以下の2タイプがあります。

  • 固定タイプ:どのような手術でも同一金額が一律支給される。
  • 変額タイプ:手術の程度によって一時金の金額が変わる。入院給付金の10倍・20倍といったタイプが多い。

変額タイプの方が若干保険料は高くなりますが、手術の程度(費用)によって支給額が変わるタイプの方が合理的ともいえます。

また、手術の保障を外せる医療保険もあります。保険料を安く抑えたいのであれば、手術の保障を外せるタイプの医療保険を選びましょう。

手術給付金の保障内容

医療保険 タイプ 手術給付金の選択肢 手術給付金の取り外し
新CURE(キュア) 固定 入院中:入院給付金の20倍
外来:入院給付金の5倍
×
&LIFE 新医療保険Aプレミア 固定 【手術Ⅰ型】
入院中:入院給付金の10倍。
外来:入院給付金の5倍。
【手術Ⅱ型】
入院中:入院給付金の20倍。
外来:入院給付金の5倍。
×
終身医療プレミアムDX 固定 入院中:5万円・10万円・20万円から選択可能。
外来:5万円
×
スマイルメディカルネクストα 変動。 入院給付金の10倍 or 15倍 or 20倍 or 30倍 or 40倍
はなさく医療 Ⅰ型は固定。Ⅱ型は変動。 ■手術Ⅰ型
入院中:入院給付金の10倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
■手術Ⅱ型
入院中:入院給付金の10倍・20倍・50倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
×

厳選5つの医療保険は頂上決戦みたいなものですので、各社遜色ありません。どの医療保険を選んでも安心です。

ちなみにですが、手術の保障はちょっと注意点があります。医療保険によっては対象となる手術が旧型の88種類に限定されることがあるんですよね。

ここでご紹介している厳選5つの医療保険は全て1000種類以上の手術が保障対象です。最新型になっているので問題ないのですが、医療保険を選ぶ際には保障対象となる手術の種類には注意です。

医療保険の比較は専門家に。医療保険の無料相談窓口はこちらです。

この記事で比較した厳選5つの医療保険は全て保険ショップもしくは保険見直しラボで相談できます。保険ショップ・保険見直しラボなら、厳選5つの医療保険を丁寧に比較し、どれがお客さんの目的にあっているか時間をかけていっしょに選んでくれます。

もちろん相談したからって保険に絶対入らなければいけないってことはありません。強引な勧誘も、相談後のしつこい電話もありません、そんなことしたら保険業法を根拠に営業停止になります。

相談はもちろん無料。医療保険選びに悩んだら、軽い気持ちで相談してみてはいかがでしょうか。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

僕の友人何人かが相談したのですが、営業されるわけではなく、親身に話を聞いてくれたとのこと。30社の生命保険をいっしょに比較し、結果的に毎月の保険料が15,000円程度安くなった友人もいました。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする