【評価B】アクサダイレクト生命の医療保険「終身医療」デメリットと評価

選ぶ
アクサダイレクト生命の医療保険って保険料安いけど、大丈夫なのかなぁ…

アクサダイレクト生命「終身医療」は確かに保険料は安いです。かなり安いです。

しかし、選べるオプションが少ないんですよね…。

シンプルな保障だけを求める方にはいいのかもしれませんが、通院保障がなかったり、がんに対する特別な保障がなかったり、保障内容に物足りなさを感じてしまいます。

アクサダイレクト生命「終身医療」ここがポイント
  • 保険料は安めです。
  • オプションが少なめです。通院保障、がんに対する特別な保障のオプションはありません。

医療保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

医療保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の2点です。

  1. 毎月支払う保険料。もちろん保険料の安い医療保険が良い医療保険です。しかし、保険料が安くて保障が手薄だったら意味ありません。大切なのは保険料と保障内容のバランスです。
  2. 特約(オプション)の種類。例えば、がんの保障を手厚くするオプション、女性特有の疾病を手厚く保障するオプションといったように、必要と感じるオプションを手頃な保険料でつけられるかがポイントです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の2点について、アクサダイレクト生命「終身医療」の概要と評価は以下のとおりです。

30歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:1,700円
女性:1,680円
評価A
40歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:2,460円
女性:2,180円
基本保障
(取り外しできない保障)
【入院給付金】
入院につき1日5,000円~15,000円から選択。
※1,000円単位で選べます。
【手術給付金】
入院中:入院給付金の10倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
※手術給付金を保障対象外にすることも可能です。
【死亡給付金】
入院給付金日額の10倍。
評価C
特約(オプション)
(取り外しできる保障)
【先進医療特約】
先進医療の技術料実費と一時金が支給されます。
【3大疾病保険料払込免除特約】
3大疾病となった場合に、以降の保険料支払いが免除されます。
【女性疾病入院特約】
女性特有の疾病で入院した場合、入院給付金が上乗せされます。
【健康祝金特則】
入院・手術の給付を受けなかったら3年ごとに一時金が支給されます。
【長期入院時一時金給付特約】
入院日数が61日に達した場合、一時金が支給されます。
【入院時一時金給付特約】
入院した際に一時金が支給されます。

シンプルな保障内容ですが、シンプル過ぎてちょっと寂しいですよね。つけても良い特約は先進医療特約のみ(他社と比較して優れているということではありません)。他の特約はどれもパンチが効いてません。

シンプルに「入院保障+先進医療特約」だけでいいなら、保険料の面で強みがあります。しかし、入院が短期化している昨今、もうすこし選べるオプションがあってもいいのではと感じてしまいます…。

加入はネットからのみというのも弱点です。医療保険は保障内容が複雑なので、対面でじっくり説明を聞けた方がいいんですけどね…。

医療保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

アクサダイレクト生命「終身医療」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の医療保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【医療保険】
・病気やケガに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
入院給付金 入院につき1日5,000円~15,000円から選択。
※1,000円単位で選べます。
手術給付金 入院中:入院給付金の10倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
※手術給付金を保障対象外にすることも可能です。
1回の入院で入院給付金が支給される限度日数 60日間
保障期間通算で入院給付金が支給される限度日数 1,095日間
保険料を支払う期間 60歳まで、65歳まで、終身(一生涯)の3パターンから選択可能。
保険料を支払う回数 月払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 終身
加入方法 ネットのみ。
健康相談サービス あり(ティーペック社と提携)

【アクサダイレクト生命「終身医療」】保障内容を評価します。

医療保険を選ぶ際には大切なのは、当たり前ですが保障内容です。

特に重要なのが特約(オプション)の種類。基本保障は生命保険各社同じような内容になるんですけど、特色が出るのが特約です。どんな特約があるか、自分の好み(?)に合う特約があるかっていうのが医療保険を選ぶ大きなポイントです。

【基本保障】入院給付金・手術給付金・死亡給付金

基本保障は取り外しができません。契約したら絶対についてくる保障です。

珍しいのは死亡給付金です。医療保険なのに、亡くなったら一時金が支給されます。保障内容は以下のとおり。

名称 支給額 支給条件
死亡給付金 入院給付金日額の10倍。 亡くなったとき。

入院給付金の10倍ならお葬式代にもならないです…。

同じく基本保障の入院給付金・手術給付金は以下のとおり。

名称 支給額 支給条件
入院給付金 入院につき1日5,000円~15,000円から選択。
※1,000円単位で選べます。
入院1日につき支給
手術給付金 入院中:入院給付金の10倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
手術を受けたとき。

入院・手術の保障は他社の医療保険と同水準です。悪くありません。

ちなみに、手術給付金を保障対象外にすることも可能です。もちろん、手術給付金を対象外にすれば、保険料はちょっとだけ安くなります。

「医療保険は入院だけ保障してくれれば良い!」

という割り切りができる方なら、保険料の安いアクサダイレクト生命「終身医療」は有力な選択肢になり得ます。

【重要です】先進医療特約

特約名 支給額 支給条件
先進医療特約 ・保障期間通算で2,000万円までの技術料。
・1回につき一時金10万円。
先進医療を受けた場合。

先進医療保障は他社の医療保険と同水準です。

一時金の10万円ですが、先進医療を受けられる病院は限られており、遠方になる場合も多々あります。遠方の病院へ行く場合の交通費、宿泊費等が使い道になるお金ですね

他社の医療保険では交通費・宿泊費の実費、もしくは先進医療の技術料の10%が支給されることもあり、定額が支払われるアクサダイレクト生命「終身医療」はかなり使い勝手がいい先進医療特約です(定額支給は手続きが簡単です)。

【重要じゃありません】3大疾病保険料払込免除特約

特約名 支給額 支給条件
3大疾病保険料払込免除特約 保険料の支払いが免除される。
(保障は継続する)
・がんと診断され、入院を開始したとき。
・心筋梗塞、脳梗塞で入院したとき。

よくCMでみる「以降の保険料は頂きません!」というのが3大疾病保険料払込免除特約です。名前が長いですよね。

医療保険は保険料がものすごく安いので、3大疾病保険料払込免除特約をつける必要はないでしょう。つけると保険料が上がってしまいますし。

【うーん…】女性疾病特約

特約名 支給額 支給条件
女性疾病入院特約 入院給付金と同額。
(入院給付金が倍額されて支給)
所定の女性特有の疾病で入院した場合。

女性特有の疾病にかかると、入院給付金が2倍になって支給されます。女性疾病給付特約の対象となる疾病は以下のとおりです。

病気の種類 分類項目
がん 乳ガン、子宮ガンなど
特定の良性新生物 子宮筋腫、卵巣のう腫など
女性特有の病気 卵巣機能障害、子宮内膜症など
妊娠、出産にまつわる症状 異常分娩など

僕の奥さんが言うには、「足りてないんじゃないの?」でした。女性特有の疾病に関する手術の保障がないことが不満だそうです。

入院給付金が増額されれば、プライベートが守られるちょっと豪華な病室で入院できます(差額ベッド代は全額自己負担です)。女性にとっては入院中もプライベートは大切ですよね。

しかし、より大切なのは、女性特有の疾病に対する手術の保障ではないでしょうか。特に、乳がん手術や、それに付随する乳房再建手術が気になりますよね。アクサダイレクト生命「終身医療」は乳がん・乳房再建手術に対する特別な保障はありません。

ちなみに、女性特有の疾病に対する他社の医療保険の保障は下記リンク先でまとめています。こちらもご参考に。

女性特有疾病の保障で比較する医療保険。

【全く重要じゃありません】健康祝い金特約

特約名 支給額 支給条件
健康祝金特則 5万円 3年間給付金を受け取らなかった場合。

全く重要じゃありません。不要です。

ちなみに、40歳男性が健康祝金特則をつけると、毎月の保険料が1,095円上がります。3年間に支払う保険料上昇分の合計は39,420円です。39,420円支払って、3年間健康で過ごせて50,000円受け取れるかどうかのギャンブルですが、勝つ自信のある方はそもそも医療保険は不要でしょう。

【重要じゃありません】長期入院時一時金給付特約・入院時一時金給付特約

特約名 支給額 支給条件
長期入院時一時金給付特約 50万円 入院日数が61日に達したとき。
入院時一時金給付特約 5万円 入院したとき。

基本保障である入院給付金の支払い日数は1回の入院につき60日間が限度です。61日目からの入院は一時金払うから頑張ってくださいという特約ですね。

ちなみに、日本人の平均入院日数は以下のとおりです。

日本人の平均:31.9日
35歳~64歳の平均:24.4日

参考にしたのは生命保険文化センターです。60日を超えるケースは稀ですが、稀なことに備えるのが医療保険の役割でもあります。気になる方はつけておいてもいいかもですね。

ちなみにですが、他社の医療保険だと「7大疾病延長入院特約」といって、7大疾病の入院が無制限保障になったりもします。入院保障を手厚くしておきたい方は、こちらも参考に。

チューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」

一方で、入院時一時金給付特約は入院すると必ず5万円もらえる特約です。短期の入院にはいいかもしれないですね。例えば、2泊3日の入院だと

・基本保障だけだと3日分の入院給付金しかもらえない。入院給付金日額5,000円だと。15,000円。これだけだと、入院するのに必要な日用品購入すら足りないかも…。

・入院時一時金給付特約をつけておくと追加で50,000円もらえる。2泊3日の入院で入院給付金と合わせて65,000円もらえたら、割と豪華な入院ができそう。

といった違いですね。

こちらもあって困る特約ではありませんが、つけるともちろん保険料が上がります。

まとめます。

僕がアクサダイレクト生命「終身医療」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:入院給付金10,000円(手術給付金なし)
  • 特約:先進医療特約

この保障内容で毎月支払う保険料は40歳男性2,580円、40歳女性2,300円です。保険料は高くないですよね。

アクサダイレクト生命「終身医療」に入るなら、基本保障+先進医療特約で十分でしょう。ちょっと寂しいですが。

アクサダイレクト生命「終身医療」のメリット

 アクサダイレクト生命「終身医療」ここがポイント!
  • 【check】無料で利用できる健康相談サービスあり。
  • 【check】先進医療特約が終身タイプ。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

アクサダイレクト生命「終身医療」は無料で利用できる健康相談サービスがある。

アクサダイレクト生命「終身医療」はティーペック社と提携して、以下のサービスを無料で加入者に提供しています。

  • 日本の名医(総合相談医)のセカンドオピニオンや優秀専門臨床医をご紹介。
  • 医師・看護師などに24時間365日電話で健康相談。

セカンドオピニオンっていうのは主治医以外のお医者さんから意見を聞くことです。患者が主治医を選ぶってなかなか難しいですよね。たまたま手が空いていたお医者さんが主治医になり、私たちを診断するケースが多いでしょう。

そんな「巡り合わせ」で決まった主治医の意見を、どこまで信じられますか?

アクサダイレクト生命「終身医療」は日本の名医を紹介し、セカンドオピニオンを聞く機会をつくってくれます。セカンドオピニオンで助かる命があることも事実です。

アクサダイレクト生命「終身医療」は先進医療特約が終身タイプ。

先進医療特約が終身タイプの場合、先進医療特約の部分にかかる保険料が一生涯上がりません。

「あれ、だって医療保険が終身タイプなんだから、先進医療特約だって終身タイプでしょ?」

って多くの方は理解されているかと思うんですけど、他社は先進医療特約のみ保険料が更新時に上がっていく定期タイプだったりします。

なぜ先進医療特約だけ定期タイプにするのか。それは先進医療が普及して保険金の支払い額が大きくなると、保険料を上げないと赤字になるからです。

現状は100円程度で先進医療特約をつけられますが、10年後・20年後には10倍・100倍になっている可能性もあります。終身タイプなら、保険料は一生涯変わりません。

そう考えると、アクサダイレクト生命「終身医療」はお宝保険になる可能性を秘めていますね。

アクサダイレクト生命「終身医療」のデメリット

アクサダイレクト生命「終身医療」ここにご注意!
  • 【check】特約(オプション)の選択肢が少ない。

冒頭にも書きましたが、アクサダイレクト生命「終身医療」は選べる保障が少ないです。最新型の医療保険である三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」と比較します。

アクサダイレクト生命
「終身医療」
三井住友海上あいおい生命
「&LIFE 新医療保険Aプレミア」
先進医療特約
3大疾病保険料払込免除特約
長期入院時一時金給付特約
入院時一時金給付特約
女性疾病入院特約
健康祝金特則
先進医療特約
ガン治療通院給付特約
ガン診断給付特約
抗ガン剤治療給付特約
三大疾病入院一時給付特約
新保険料払込免除特約
女性疾病給付特約
女性サポート給付金付ガン診断給付特約
認知症一時金給付特約
終身介護保障特約
放射線治療(基本保障)
集中治療(基本保障)

全然違います。驚くほどに違います。

アクサダイレクト生命「終身医療」で寂しいのは以下の3点ではないでしょうか。

  • 退院後の保障がない(通院保障がない)。
  • がんに対する特別な保障がない。
  • 女性特有の疾病に対する特別な手術の保障がない。

他社の医療保険には当たり前にあるオプションがなかったりします。選べる選択肢が狭いのはデメリットですよね。

【アクサダイレクト生命「終身医療」の評価最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:「B」(S、A~Cで判定)。

医療保険は入院だけ保障してくれれば十分、その代わりに保険料を安くしたい!といった方に向いているのがアクサダイレクト生命「終身医療」です。

しかし、選べる選択肢が限られるのはデメリットですよね。よって評価はBとしました。ネットからのみ申し込みできる点もちょっとマイナスです。医療保険は保障内容が複雑なので、対面でしっかりと専門家の説明を聞いたほうがいいんです(実際ネットの生命保険は契約が伸びてません)。

アクサダイレクト生命「終身医療」に申し込むなら。

アクサダイレクト生命「終身医療」はネットから申し込みできます。公式サイトはこちらです。

公式サイト:アクサダイレクト生命「終身医療」

ちなみに、対面で医療保険の説明を聞くなら保険ショップです。保険ショップは生命保険各社の医療保険を取り扱っているので、各社を比較しながらお客さんの目的にあった医療保険を探してきてくれます。

「ネットで見つけたアクサダイレクト生命の医療保険が良さそうなんですけど、他社のどんな感じですか?」

こんな質問だって許されます。各社の医療保険と比較しながら、良い点悪い点を教えてくれますよ。保険ショップの検索と予約は↓から。

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

自宅でも職場でも近所の喫茶店でもファミレスでも、どこでも訪問してくれます。もちろん訪問してくれても相談は無料です。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

「やっぱアクサダイレクト生命にします…」

と、お断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:アクサダイレクト生命「終身医療」

保険料は安めでシンプルな基本保障がウリですが、ちょっとシンプル過ぎる感もあります。

  • 退院後の保障がない(通院保障がない)。
  • がんに対する特別な保障がない。
  • 女性特有の疾病に対する特別な保障がない。

この3点がちょっと気になります。

申し込みはネットからのみ。上記の公式サイトから申し込みできます。

しかし、保障内容が複雑な医療保険をネットだけの情報で決めるのはちょっと怖いです。一度対面で医療保険の専門家に相談すると気が楽になりますよ。

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする