医療保険の選び方。契約前にチェック必須3ポイント【これで十分】

悩む
医療保険ってたくさんあってどれを選んだらいいのかよくわかんないなぁ

体力の衰えを感じるこの頃。いつの間にか風邪の治りも遅くなり、足腰も弱くなり、毛髪も薄くなり、身体の調子がいい日なんて年間で3日くらいしかないですよね。

それでも頑張る我々働く世代ですが、ケガや病気で入院するリスクも日を追うごとに高まっています。もし入院することになったら、治療費ってどれくらいかかるんだろう…。そんな不安ありませんか?

しかし、いたずらに不安になる必要はありません。日本の社会保険って実は充実しています(少なくともいまのところは)。

日本には高額医療費制度があり、健康保険に加入していれば毎月の医療費上限はある程度決められています。医療費が膨らみ続けるっていうことは原則ありません。
(健康保険対象外の治療を受ければ、医療費は膨らみます)

ちょっと安心できますよね。じゃあ民間の医療保険なんて必要ない!って思われるかもしれませんが、入院すると医療費のほかに様々な費用がかかります。

  • 差額ベッド代(個室代)
  • 食事代
  • 交通費
  • 入院中の生活雑貨
  • 社会保険では対象外の医療技術、薬、器具

例えば、こんな費用です。

他にも、がんなどの重い病気の場合は長期の闘病になるため、毎月の医療費上限が決まっているとしても医療費は膨らんでいきます。さらに、闘病期間中は収入が減少することも考えられますよね。ケガや病気はライフプランに大打撃です。

この記事では、ケガや病気で入院するリスクに備えたい皆さんに向けて、医療保険を選ぶ際にチェック必須な3つのポイントについて書いてみます。

医療保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック!

【医療保険の選び方】その前に、治療費は貯蓄から支払うのが基本という考え方。

医療保険は不要論が根強いです。

「治療費は社会保険が大部分をカバーしてくれる。自己負担分を払える貯蓄があれば、医療保険は不要」

確かにそのとおりです。繰り返しますが、医療保険へ入る前に、まずは高額医療費制度、そして傷病手当金について知っておくことは大切です。

知った上で、以下の2点を踏まえ医療保険が必要か判断しましょう。

  • 社会保険制度はこれから改悪されていく可能性が高いこと。
  • 貯蓄が減っていく恐怖に耐えらえるメンタルの強さがあるかということ。

一点目はよく知られていることですよね。問題は2点目です。

医療費の自己負担額は上限が決められていますが、健康保険対象外の費用も発生します。さらに、働けなくなっても会社員の方なら傷病手当金が1年6ヶ月給付されますが、給付額は月給のおよそ2/3です(自営業・フリーランスの方には傷病手当金は給付されません)。

ですので、治療期間中は医療費や生活費で貯蓄額がガンガン減っていく可能性が大きいです。ただでさえ、ケガや病気で凹んでいるときに、経済的な不安が覆いかぶさってきます。

医療保険はこういった治療期間中の経済的不安を和らげる効果があります。経済的な不安だけでも取り除けたら、メンタル的にはちょっぴり楽になりますよね。この点も抑えておきましょう。

【医療保険の選び方①】必要な保障を決める。

医療保険の構成は以下のとおりです。考え方はスマホと同じ。基本契約がまずあり、その上でオプションを選べます。

基本保障 絶対についてくる保障。主な基本保障は以下の2つ。

・入院保障…入院1日につき定額が給付される。5,000円とか10,000円とか。
・手術保障…手術1回につき定額が給付される。入院中の手術は1回10万円、外来の手術は1回5万円とか。

基本保障は特色が出にくい。どの医療保険も同じような保障内容。

特約(オプション) 加入者が自由につけたり外したりできる保障。各社医療保険で様々な特色がある。特約の豊富さ(選択肢の多さ)が医療保険を選ぶ大切なポイント。

ただし、特約をつけまくると毎月支払う保険料が上がりまくる。必要な特約に厳選して契約するのが賢い医療保険の入り方。

基本保障は各社大きな差はありません。大切なのは特約のラインナップですね。

一般的な医療保険でつけられる特約を一覧にします。重要性は以下を基準にしています。

◎…絶対必要
〇…つけて損なし
△…余裕があればつけたい
×…不要

特約名 重要性 保障内容
通院特約 通院1回あたりに通院給付金が給付される特約。
退院特約 × 退院時に、退院給付金が給付される特約。
先進医療特約 健康保険対象外の先進医療を保障対象とする特約。
女性疾病特約 乳がん・子宮頸がん・子宮内膜症・早流産など、女性特有の疾病で入院・手術をした際に、保障が手厚くなる特約。
3大疾病特約 がん・心疾患・脳血管疾患の保障を手厚くする特約。以下の保障が含まれる。
一時金保障:3大疾病と診断されたら一時金を受け取れる
抗がん剤保障:抗がん剤治療を受けた月に一時金を受け取れる
入院保障:入院給付金の支払い限度日数が延長されたり、増額される
通院特約:通院給付金を受け取れる
健康祝い金 × 入院がない健康な状態を継続すると、健康祝い金を受け取れる特約。
保険料払込免除特約 × がん・心疾患・脳血管疾患等と診断された場合、以降の保険料支払いが免除される特約。
介護特約 × 要介護状態に認定されたら、一時金を受け取れる特約。

必要性の高い特約に絞って説明します。

先進医療特約について

先進医療特約は健康保険対象外で全額自己負担となる先進医療の技術料実費を給付してくれる特約です。

先進医療には、例えばこんなのがあります。

陽子線治療:2,697,658円
重粒子線治療:3,089,343円
(参考:生命保険文化センター

重粒子治療の治療費約309万円が全額自己負担が辛いですよね…。

しかし、先進医療特約をつけていれば、医療保険が治療費の全額を保障してくれます。そして先進医療特約は高くありません。月額100円程度の保険料でつけられます。実際、先進医療特約は医療保険に加入した人の90%以上がつけているというデータがあります。人気のある特約です。

ちなみにですが、先進医療特約で大切なポイントは以下の2点です。

  • 終身型になっているか。
  • 保険期間通算の保障限度額。

先進医療特約は「10年更新型(定期型)」と「終身型」の2種類に分かれます。違いは保険料が上がるかどうか。10年更新型は10年毎に保険料が上がるのに対し、終身型は一生涯保険料が上がりません。もちろん「終身型」がおすすめです。

先進医療に分類される医療技術は今後も増えていくことが予想されます。そうなると、先進医療にかかる医療費も上がります。いまは毎月100円程度の保険料でつけられる先進医療特約ですが、将来的には高くなっていく可能性も否定できません。

よって、何よりも大切なのは終身型であることです。10年更新型はNGです!

そして、保障限度額も要チェックです。一般的な医療保険では保障限度額は2,000万円。保障期間通算で2,000万円まで保障されます。しかし、なかには保障限度額が500万円程度となる医療保険もあります。500万円は心許ないです。

主要な医療保険の先進医療特約の保障内容は下記リンク先で比較しています。こちらもご参考に。

先進医療特約の比較

通院特約について

そして、通院特約も必要性は高いです。

最近は長期間の入院はさせず、自宅療養と通院で治療をする方針の病院が増えています。

ちなみにですが、通院保障で大切なポイントは以下の2点です。

  • がんを原因とする長期の通院に耐えられるか。
  • 抗がん剤治療に対する保障はあるか。

端的に言うと、がんです。

周囲にも働きながら、ふつうに生活しながら、通院でがんと闘病されている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

がんの入院期間は意外と短くなってます。↓ががんの入院期間平均です。

胃の悪性新生物:19.2日
結腸及び直腸の悪性新生物:15.7日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:16.9日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:16.3日

参考:生命保険文化センター

平均入院期間は1ヶ月もありません。代わりに長くなるのが通院です。がんの通院をしっかり長期間保障してくれるのが良い医療保険の条件です。

そして、通院しながら抗がん剤治療を受けるケースも多々あります。辛い抗がん剤治療を受けながらフルタイムで働き続けるのも難しいですよね…。そうなると収入減もあり得ます。なので抗がん剤治療もきっちり保障してくれる医療保険が望ましいです。

主要な医療保険の通院特約の保障内容は下記リンク先で比較しています。こちらもご参考に。

通院特約の比較

三大疾病特約について

三大疾病特約も優先度は高めです。

特に、がんの治療は長期間に渡ることが多く、治療費がどんどん膨らんでいく可能性もあります。例えば、がんと診断されれば年1回100万円の一時金を受け取れるがん特約をつけておけば、ひとまず医療費の心配は軽減されるのではないでしょうか。

ちなみにですが、三大疾病特約の保障で大切なポイントは以下の2点です。

  • 一時金の給付間隔が1年であること。
  • 心疾患・脳血管疾患の保障範囲が心筋梗塞・脳卒中に限定されていないこと。

一時金が給付される条件(診断だけでよいとか、入院してないとだめとか)は医療保険によって大きく異なります。また、一時金の給付間隔(1年に1回給付とか、2年に1回給付)もバラバラ。2年に1回給付となっていることもありますが、これはNG。1年に1回給付であることが良い医療保険の条件です。ここが最も大切な比較ポイントです。

それと、3大疾病一時金の心疾患・脳血管疾患の保障範囲にも注意が必要です。

  • 心疾患・脳血管疾患が保障対象→保障範囲が広く優秀。
  • 心筋梗塞・脳卒中だけ保障対象→保障範囲が狭い!!!

割と見過ごされがちですが、この点も注意です。ちなみに、心疾患における心筋梗塞の割合はわずか2.7%というデータがあります。心疾患・脳血管疾患が保障対象となっている医療保険を選びましょう。

主要な医療保険の通院特約の保障内容は下記リンク先で比較しています。こちらもご参考に。

通院特約の比較

【医療保険の選び方②】入院給付金の金額を決める。決めた上で、毎月支払う保険料を比較する。

入院給付金とは入院1日につき給付される金額です。

冒頭書きましたが、入院保障を基本保障とする医療保険が多く、なかなか差別化は難しいところなのですが、入院保障を比較するポイントは以下の2点です。

  • 短期の入院に備えられるか。
  • 脳血管疾患、メンタル系の疾患といった長期入院となるかもしれない疾病に備えられるか。

現在の医療では、入院日数は短期化する傾向にあります(その代わり通院が長期化しています)。

日本人の入院日数平均:29.3日
35歳~64歳の入院日数平均:21.9日

参考にしたのは生命保険文化センターです。意外と短いですよね。なので短期の入院でもしっかり保障してくれるかは大切なポイントです。

しかし、脳血管疾患とメンタル系の疾患は入院が長期に渡ることもあります。上記リンク先の平均を見ても、どちらも長くなってますよね。脳血管疾患とメンタル系の疾患が原因の長期入院に備えられるかも大切です。

ちなみにですが、主要な医療保険の入院保障は下記リンク先で比較しています。こちらもご参考に。

入院保障の比較

以下、入院保障の決め方について説明していきます。

医療保険の入院給付金は10,000円で十分。

入院給付金の用途はこんな感じになると思います。

  • 差額ベッド代(個室代)
  • 食事代
  • 交通費
  • 入院中の生活雑貨

各々どれくらいかかるか想像もつきません。個別に見ていきます。

差額ベッド代:平均6,188円

差額ベッド代は1部屋を何人で使うかによって料金が変わります。厚生労働省の調査によると平均は以下のとおり。

1人部屋 7,797円
2人部屋 3,087円
3人部屋 2,800円
4人部屋 2,407円

1人部屋が突出してますよね。プライベートが確保できる1人部屋なら、むだに気遣いせず治療に専念できますよね。

ちなみに、大部屋なら差額ベッド代は不要です。

食事代:1食460円(1日1,380円)

食事代は固定額です。ただし、住民税非課税世帯等の場合はもう少しお安くなります。
(参考 全国健康保険協会

交通費、生活雑貨:マチマチ

交通費、生活雑貨は人によってマチマチですよね。自宅近くに病院に入院すれば安く済みますし、遠くであれば交通費はかかります。

結論:入院給付金は10,000円あれば安心。

以上、合計すると差額ベッド代平均と食事代で7,568円となりました。この金額に、交通費や生活雑貨、そのほか諸々の費用が追加されると、入院給付金は10,000円あれば十分と言えます。

ちなみに、治療費を含めた1日あたりの入院費自己負担額平均は19,835円だそうです(生命保険文化センター調べ)。それに対し、入院給付金の平均は男性で10,800円、女性で9,200円と言う調査結果があります(生命保険文化センター調べ)。みなさん概ね1万円程度の入院給付金を設定しているようですね。

【要チェック】医療保険の支払い限度日数は60日あれば十分

支払い限度日数とは、1回の入院につき、入院給付金が支払われる最大の日数のことです。入院の期間も検討がつかないですよね。ここでも参考になるのは平均です。

日本人の平均:29.3日
35歳~64歳の平均:21.9日

参考にしたのは生命保険文化センターです。入院日数は病気よって大きく変わります。ざっとどの病気がどれくらいの入院日数になるか見ておきましょう。

35歳~64歳だと概ね1ヶ月弱くらいで退院できそうですね。しかし、病気やケガの程度によっては長引くこともありそうです。支払い限度日数は30日あればちょっと不安、60日あれば安心できそうですね。

ただし、先述のとおりメンタル疾患と脳血管疾患は入院が長引く可能性があります。気になる方は特約を追加して、メンタル疾患と脳血管疾患の入院保障を無制限としておいた方がよいでしょう(無制限にできない医療保険もあります)。

【要チェック】通算限度日数もあります。

医療保険には「通算限度日数」という考え方があります。保障する期間を通じて、入院給付金を支払う限度の日数のことです。

例えば、保障する期間が60歳までとして、40歳のとき40日間、45歳のときに40日間、50歳の時に120日間入院したとします。

このとき、通算限度日数が180日の医療保険の場合、50歳で入院した最後の20日は入院給付金が給付されません。通算限度日数が200日以上の医療保険であれば、入院給付金が給付されます。

とはいえ、通算限度日数は1,000日を超える医療保険が一般的です。上限まで使い切る可能性は低いのですが、念のため通算限度日数をチェックしておきましょう。

【要チェック】手術給付金もあります。

医療保険は手術した際に一時金を給付するタイプが大半です。

  • 一律タイプ:保障対象の手術であれば、同一金額が一律給付される。
  • 変額タイプ:手術の程度によって一時金の金額が変わる。

とはいえ、手術給付金は医療保険を選ぶ決定打とはなりません。保障内容は各社そんなに変わりません。

最後に生命保険各社の保険料を比較しましょう。

ここまでで以下が決まりました。

  • 欲しいと思う特約(オプション)。
  • 入院給付金の金額。
  • 入院給付金の支払い限度日数。

これだけ決まっていれば、毎月支払う保険料の概算は出せます。

ちょっと一例です。以下の前提で保険料を比較してみます。

  • 現在40歳の男性
  • 入院給付金は1日10,000円。支払い限度日数は60日。
  • オプションは先進医療特約と通院特約。
A社 月々3,700円
B社 月々3,610円
C社 月々3,957円

ほぼ同じ保障内容なのに微妙に各社違いがあります。この違いは生命保険各社の経営努力によるところが大きいです。

医療保険は生命保険各社がしのぎを削って開発しています。見積もりは1社のみとせずに、数社比較して検討するのが賢い医療保険の選び方です。

【医療保険の選び方③】クレジットカード払いでポイントが稼げるか【地味に効いてきます】

地味に効いてくるのがクレジットカード払いできるかどうかです。

医療保険の主な保険料支払い方法には以下があります。

  • クレジットカード払い
  • 口座振替
  • 団体払(給与天引き)
  • 振込払(生命保険会社から振込用紙が送られてくるのでコンビニとかで振込み)
  • 現金払(生命保険会社へ現金を持っていって支払い)

この中で最もお得なのがクレジットカード払いです。

医療保険の保険料だって数十年払い続ければ結構な金額になります。ポイント還元されないなんてもったいないですよね。

クレジットカードによりますが、ポイント還元率って1%は当たり前、大きいクレジットカードだと2%とかもあります。毎月だとポイント還元は少額ですが、積み重ねればけっこうな金額なりますよ。

【医療保険に入る前に要チェック】いま入っている保険と保障内容かぶりませんか?

医療保険に入る前に、いま入っている保険と保障内容が重複しないかチェックしておきましょう。二重保障は保険料の無駄です。

例えば、以下のケースがあります。

  • 終身保険・定期保険に医療特約がついていて、入院給付金が給付される契約だった。
  • すでにがん保険に入ってる。
  • 職場で入った団体保険に入院・通院特約がついていた。

医療保険の比較は専門家に。医療保険の無料相談窓口はこちら。

医療保険の相談は医療保険の専門家へ。

専門家は意外と身近にいます。複数の生命保険会社の医療保険を取り扱うことができる保険ショップです。

保険ショップっていまや至るところにありますけど、ちょっと入りにくいですよね。

「強引に勧誘されたらどうしよう…」

「断ってもしつこく電話きたらどうしよう…」

とかそんな不安があると思います。

しかし大丈夫。保険ショップに相談したら絶対に保険の契約をしなければならないっていうことはありません。しつこい電話もありません(僕の経験上、相談後に電話があったのは1回だけ)。

もしそんな強引な勧誘とか、しつこい電話をされた場合は消費者センターに駆け込みましょう。保険業法という法律に違反するため、保険ショップが処罰されます(なので、保険ショップは強引な勧誘やしつこい電話ができません)。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。予約も簡単で、自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

さらに、ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。ニアエルに掲載されている保険ショップなら、実際に利用した方の口コミも掲載されてますし、通報があれば掲載停止もあり得ますし、まず安心かと。

予約は↓から。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

保険見直しラボが取り扱っている保険会社数は30社を超えます。選択肢の広さが大きなメリットです。

また、訪問型なので、自宅や会社や近所の喫茶店等、指定した場所まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

予約は↓から。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

まとめ 医療保険を選び方3つのポイント。

医療保険を選ぶポイントは以下の3点です。

  1. 必要な保障(オプション)を決める。重要なのは先進医療特約、通院特約、三大疾病特約。この3つの特約は医療保険によって優劣があるので要注意。
  2. 必要な入院給付金の金額と支払い限度日数を決める。メンタル疾患と脳血管疾患は入院が長引く可能性があり、長期間の入院に備えられるかがけっこう重要。必要な保障が決まったら、各社医療保険の保険料を比較する。
  3. さらに、クレジットカードで保険料支払いができれば最高。

必要な保障を決めるのがちょっと難しいですよね。欲張りすぎると保険料が上がってしまいます。後からオプションを追加することもできるので、最初は最小限のオプションに絞り込んでおいた方がいいでしょう。

医療保険は絶対にその場では契約せず、一度自宅に持ち帰って冷静に考えてからにしましょう。家やクルマと違って、生命保険は買い逃した!ってことはほぼありません。高い買い物ですから、冷静に、落ち着いて。

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする