【2019年版】就業不能保険おすすめ保険料比較ランキング【この5つから選べばOK】

真剣
うーん、就業不能保険ってたくさんあってどれを選べばいいのかよくわかんなぁ…

働けなくなるリスクを保障する就業不能保険。最近は生命保険各社が発売していて、なにが良いのかよくわからない状態です。

就業不能保険って何を基準にして選べばいいんだろう?そんな疑問をお持ちの皆さんに向けて、就業不能保険の選び方のポイントを↓のリンク先に書きました。

就業不能保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 働けないと認定される条件。就業不能保険によって働けないと認定される条件は違います。A社では働けないと認定されても、B社では認定されないことがあります。自分に見合った条件を選ぶことが大切です。
  3. メンタル疾患が保障対象になっているか。最も可能性の高い働けなくなるリスクはうつ病を含むメンタル疾患ではないでしょうか。メンタル疾患を保障対象としている就業不能保険は多くありません。

就業不能保険は保険料より「働けないと認定される条件」が重要ですが、それでも毎月支払う保険料だって重要です。保険料を安くするポイントは以下の2点です。

  • 保障額と保障期間は必要十分に。
  • 傷病手当金が支給される期間は、就業不能保険から支給される保険金を抑える。

1点目は当たり前のことですよね。

2点目はちょっとわかりにくいですが、健康保険に加入している会社員の方は、働けなくなると即収入が止まるわけではありません。健康保険から傷病手当金が支給されます。

傷病手当金が支給される期間(1年6ヶ月)は就業不能保険から支給される保険金額を少額にする、もしくは支給不要にすれば、毎月の保険料は下げられます。

具体的には以下の方法があります。

  • 免責期間(働けなくなってから保険金を受け取るまでの待期期間)を長めにする。
  • ハーフタイプ(傷病手当金が支給される期間は受け取る保険金が半額)を選択する。

一方で、国民健康保険に加入している自営業・フリーランスの方は傷病手当金が受け取れません。貯蓄も少ないし働けなくなったらどうしよう…っていう方は免責期間もなく、即満額保険金を受け取れる就業不能保険が良いでしょう。

この記事では、就業不能保険を探している方に向けて、厳選した以下の7つの就業不能保険の保険料をランキング形式で比較します。就業不能保険を選ぶときのご参考に!

アクサダイレクト生命「働けないときの安心」

ライフネット生命「働く人への保険2」

チューリッヒ生命「くらすプラス」

パルシステム「はたらく力」

アフラック「給与サポート保険」

日本生命の就業不能保険「もしものときの…生活費」

朝日生命の就業不能保険「収入サポート」

ちなみにですが、保障内容は下記のリンク先で比較しています。

就業不能保険を保障範囲で比較する。

就業不能保険の選び方においては、保険料よりも保障内容の方を優先するべきです。保険料は安いけど、支給条件のハードルが高い就業不能保険も存在します。せっかく入った就業不能保険、いざというときに「働けるよね?」の一言で片づけられることだってあります。

就業不能保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

【就業不能保険の保険料比較】保険料の観点で選ぶならこの就業不能保険です。

就業不能保険の保障範囲(働けないと認定される条件)は各社バラバラです。保障範囲が広ければ、保険料も高くなります。つまり、保険料が高い就業不能保険が、劣っている就業不能保険とは必ずしもならないことにご注意ください。

就業不能保険の保険料比較結果を表にします。

※最も保険料が安い就業不能保険に「★神」をつけてます。
※契約時の年齢を40歳。保障額毎月10万円、保障期間60歳まで、免責期間60日、ハーフタイプ等は選択しない条件で試算しています。

男性 女性
働けないときの安心 2,640円★神 2,320円★神
働く人への保険2 2,958円 2,589円
くらすプラス(※1) 2,960円 2,900円
はたらく力(※2) 692円★神
給与サポート保険 3,560円 3,500円
もしものときの…生活費 4,170円 3,840円
収入サポート 5,028円 4,068円

※1 年金受け取り期間を3年(総額360万円)で試算しています。
※2 保険金日額3,000円、免責期間0日間で試算しています。

結果まとめます。

  • 短期の働けないリスクに備えるなら、パルシステム「はたらく力」。
  • 長期の働けないリスクに備えるなら、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」。

わかりやすく結果がでました。

圧倒的に保険料が安いのがパルシステム「はたらく力」です。生協組合が発売している就業不能保険なんですけど、支給金額に限度があるため、長期間の働けなくなるリスクには備えられません(詳細は下のリンク先をご参照ください)。自営業・フリーランスの方なら傷病手当金の代わりに、会社員の方なら傷病手当金で足りない部分の補填にするのが賢い利用方法です。

パルシステム「はたらく力」

また、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」もびっくりするくらい安い保険料です。メンタル疾患まで保障対象になって、この保険料はお得過ぎます。

というのは、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は就業不能保険の最後発組なんですよね。先発組のいいとこ取りで保障内容が設計されてますし、保険料も先発組より安いところを狙ってきているのでしょう。アクサダイレクト生命、やってくれます。

アクサダイレクト生命「働けないときの安心」

【おまけ】就業不能保障がある収入保障保険の保険料比較。

収入保障保険は死亡保障の保険です。加入者が亡くなった場合、毎月定額の保険金を受け取ることができます。

しかし、収入保障保険には働けなくなった場合のリスクにも備えられるタイプがあります。特約(オプション)として、就業不能保障をつけられるんですよね。

「働けなくなったときの保障だけじゃなくて、亡くなった場合の保障もまとめてほしいなぁ」

といった方は、下の表を参考にしてください。補足ですが、下表の「健康体割引」とは、タバコを吸わない方で、血圧・BMIが基準内であれば保険料が割安になる仕組みです。

※契約時の年齢を40歳。保障額毎月10万円、保障期間60歳まで、支払保証期間2年を試算条件にしています。
※死亡保障込みの保険料です。

男性 女性
健康体割引 あり なし あり なし
じぶんと家族のお守り 5,200円
(保険料払込免除特約込み)
6,170円
(保険料払込免除特約込み)
4,710円
(保険料払込免除特約込み)
5,150円
(保険料払込免除特約込み)
&LIFE新総合収入保障 4,000円★神 5,070円★神 3,050円★神 3,610円★神
FWD収入保障 4,503円 7,071円 3,645円 5,625円
ネオdeしゅうほ 6,182円 10,317円 8,818円 10,324円
家計にやさしい収入保障 6,210円 7,010円 7,070円 7,470円

結果まとめます。

  • 保険料だけで比較するなら、三井住友海上あいおい生命 「&LIFE新総合収入保障」一択。

保険料だけで比較するなら、わかりやすい結果になりました。三井住友海上あいおい生命 「&LIFE新総合収入保障」がずば抜けて安いです。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・&LIFE新総合収入保障」

ただし、三井住友海上あいおい生命 「&LIFE新総合収入保障」の保障範囲は若干狭め。障害等級2等級までしか保障対象となりません。

一方で、FWD富士生命「FWD収入保障」は保障範囲が障害等級1~4等級まで広がります。三井住友海上あいおい生命 「&LIFE新総合収入保障」と保険料の差はわずか(健康体割引適用時)。ここは保障範囲と保険料のバランスをみて決める必要がありそうですね。

就業不能保険の相談は保険見直しラボが便利です。保険見直しラボは↓をクリック!
何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

【就業不能保険の保険料比較】この5つの就業不能保険から選べば間違いなし。

以上、先に結果から書きましたが、就業不能保険で本当に大切なのは「働けないと認定される条件」です。生命保険各社が開発に力を入れている就業不能保険ですが、大きな違いは「働けないと認定される条件」にあります。

死亡保障は亡くなったら保険金が受け取れます。シンプルですよね。それに対し、就業不能保険は各社で「働けないと認定される条件」がバラバラです。なので、自分にあった「働けないと認定される条件」を選ぶことが大切になります。

ここでは5つの就業不能保険と働けなくなるリスクに備えられる収入保障保険をランキング形式でご紹介します。ここでご紹介する5つの保険は保険料も妥当であり、また「働けないと認定される条件」も的外れではないものに限定しています。以下の5つから選んでおけば、後悔することはないでしょう。

【ランキング1位 評価S】アクサダイレクト生命「働けないときの安心」

アクサダイレクト生命「働けないときの安心」の特徴
  • 保険料は就業不能保険最安値クラスです。
  • 病気やケガで働けないと認定される条件は平均より若干緩いです。
  • メンタル疾患が保障対象となっています。
  • ネットからのみ申し込み可能です。

アクサダイレクト生命「働けないときの安心」の詳細は↓に書いています。ご参考までに。

アクサダイレクト生命「働けないときの安心」デメリットと評価

アクサダイレクト生命「働けないときの安心」の働けないと認定される条件は以下のとおりです。

働けないと認定される条件
病気やケガで働けない 以下のいずれかを満たす場合。
①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
③障がい等級2級以上
精神疾患で働けない 「疾病、障害及び死因の統計分類」に定める精神疾患を直接の原因とする、
①治療を目的とした入院
②障がい等級2級以上
のいずれか

医師の判断、もしくは障害等級に認定されれば、保険金を受け取れます。他社は同じ条件に「いかなる仕事にもつけない」といった曖昧な条件が補足されている場合もあり、条件が明確なアクサダイレクト生命「働けないときの安心」の方が、後々もめる可能性は低いでしょう。

また、精神疾患も保障対象になっている点が大きなメリットです。精神疾患が保障対象になる就業不能保険はなかなかありません。保障対象になっているだけでも優れものです。ただし、精神疾患で働けない場合は毎月支給される保険金が18回限度となることに注意が必要です。

そんな注意事項はあるものの、保障範囲が広く緩く、保険料が安い(ハーフタイプならさらに安くなります)アクサダイレクト生命「働けないときの安心」はかなり優秀です。若干残念なのはネットからのみ申し込み可能である点です。生命保険をネットから申し込むのが不安な方は、他社の就業不能保険が良いかもしれませんね。

【ランキング2位 評価A】パルシステム「はたらく力」

パルシステム「はたらく力」の特徴
  • 保険料が激安です。年間7,700円からです。加入制限もありません。
  • 働けないと認定される条件は若干緩いです。
  • メンタル疾患は保障対象ではありません。
  • 免責期間はありません。7日間就業不能が続いたら、7日前にさかのぼって保険金を受け取れます。

パルシステム「はたらく力」の詳細は↓に書いています。ご参考までに。

パルシステム「はたらく力」デメリットと評価

パルシステム「はたらく力」の働けないと認定される条件は以下のとおりです。

働けないと認定される条件
就業不能 ・病気またはけがにより治療のために入院していること
・治療の必要から医師から絶対安静の指示を受けていること
等によりあらゆる仕事(業務)にまったく従事することができない状態。
※医師の診断書により判断します。また、入院だけでなく、退院後の自宅療養も対象となります(医師による絶対安静の指示が必要です)。

アクサダイレクト生命「働けないときの安心」と同じく、医師の診断が条件になります。障害等級の条件がない分、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」より保障範囲は狭くなります。よってランキングは2位としました。

また、以下の2点には注意が必要でしょう。

  • 原則メンタル疾患が保障対象になりません。
  • 年間の支給日数に上限があります。

基本的にパルシステム「はたらく力」は短期の働けないリスクに備えるためにあります。傷病手当金が支給されない国民健康保険に加入している自営業・フリーランスの方にはものすごく役立つ就業不能保険です。

しかし、なんといっても最大の魅力は保険料の安さです。年間7,700円。月にすると692円で加入できます。他社と比較すると圧倒的な安さです。「とりあえず働けなくなるリスクに備えておきたい」といった方が、軽い気持ちで加入できる就業不能保険です。

【ランキング3位 評価B】アフラック「給与サポート保険」

アフラック「給与サポート保険」の特徴
  • 保険料は若干高めですが、ハーフタイプを利用すれば安く抑えることができます。
  • 働けないと認定される条件は平均的です。
  • メンタル疾患は保障対象ではありません。

アフラック「給与サポート保険」の詳細は↓に書いています。ご参考までに。

アフラック「給与サポート保険」デメリットと評価

アフラック「給与サポート保険」の働けないと認定される条件は以下のとおりです。

働けないと認定される条件
入院 ・医師による治療が必要であり、かつ自宅などでの治療が困難なため、病院または診療所に入り、常に医師の管理下において治療に専念すること。
在宅治療 ・医師による治療が継続しており、かつ日本国内にある自宅など(障害者支援施設などを含みます)で、医師の管理下において計画的な治療に専念し、自宅などからの外出が困難な状態。
・国民年金法で定める障害等級1級または2級に認定された状態。

「働けないと認定される条件」は平均的ですね。可もなく不可もなくです。

  • 障害等級が条件になっている。条件が明確。
  • メンタル疾患が保障対象外。

保障内容・保険料ともにアクサダイレクト生命「働けないときの安心」より落ちますが、対面での加入ができるという点を評価して第3位にランキングしてます。

就業不能保険は最も大切な働けないと認定される条件が複雑です。ネットの情報だけで判断するのは後々後悔することになりかねません。対面でじっくり説明を聞いてみたい方におすすめなのがアフラック「給与サポート保険」です。

対面での説明なら、保険見直しラボが便利です。後述するFWD富士生命「FWD収入保障」、損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」も保険見直しラボなら取り扱いがあります。3社の保険を比較しながら検討することをおすすめします。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

【ランキング4位 評価S】FWD富士生命「FWD収入保障」

FWD富士生命 FWD収入保障の特徴
  • 死亡保障のある収入保障保険です。働けないリスクだけじゃなく、亡くなった場合にも備えることができます。
  • 健康体割引があるため、非喫煙者で血圧、BMIの条件を満たせば保険料が割安になります。
  • 生活支援特則をつければ働けなくなるリスクも保障対象になります。
  • 配偶者同時災害死亡時割増特則をつければ夫婦二人が同じ事故で亡くなった場合に毎月受け取れる保険金が2倍になります。

FWD富士生命FWD収入保障の詳細は↓に書いています。ご参考までに。

FWD富士生命「FWD収入保障」のデメリットと評価

本来は収入保障保険(亡くなるリスクに備える保険)ですが、生活支援特則をつければ働けなくなるリスクも保障対象になります(生活支援特則は有料です)。条件は以下のとおりです。

条件 保険金を受け取れる期間
●障害年金
①所定の高度障害状態に該当したとき。
または
②身体障害者福祉法に定める障害の等級1~4級のいずれかに該当し、身体障害者手帳が交付されたとき。
保障期間内
●介護年金
公的介護保険制度により要介護1以上に認定され、その効力が生じたとき。
保障期間内

入院・自宅療養が条件にはなっていませんが、障害等級が幅広く条件になっているため、支給条件のハードルは低いといってよいでしょう。また、生活支援特則の保険料は、他社の就業不能保険と比較して高くありません。働けなくなるリスクだけでなく、亡くなるリスクにも備えたい方にFWD富士生命FWD収入保障はおすすめです。

また、お子さんがいるご夫婦の方には圧倒的におすすめなのがFWD富士生命FWD収入保障です。配偶者同時災害死亡時割増特則をつけると、不慮の事故により夫婦二人が同時(同時とは180日以内という意味です)に亡くなった場合、毎月支給される保険金額が倍増されます。

しかも、配偶者同時災害死亡時割増特則は無料です。配偶者同時災害死亡時割増特則をつけたらからといって、毎月支払う保険料は変わりません。

さらに、FWD富士生命FWD収入保障が健康体割引があるので、以下の「非喫煙者優良体」の条件を満たせばかなり保険料が割引されます。

非喫煙者
優良体
以下の条件を全て満たす場合。
・1年以内に喫煙していない(喫煙検査あり)。
・18.0<BMI<27.0
・血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。
喫煙者
優良体
1年以内に喫煙していて、BMI・血圧が非喫煙者優良体の条件を満たせなかった場合。
非喫煙者
標準体
1年以内に喫煙をしておらず、BMI・血圧が非喫煙者優良体の条件を満たせなかった場合。
喫煙者
標準体
上記のどれにもあてはまらない場合。

※BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。

FWD富士生命「FWD収入保障」は保険見直しラボで取り扱いがあります。先述したアフラック、後述する損保ジャパン日本興和ひまわり生命の3社の保険を比較しながら検討することをおすすめします。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

【ランキング5位 評価A】損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」

損保ジャパン日本興和ひまわり生命 リンククロスじぶんと家族のお守りの特徴
  • 死亡保障のある収入保障保険です。働けないリスクだけじゃなく、亡くなった場合にも備えることができます。
  • 健康体割引があるため、非喫煙者で血圧、BMIの条件を満たせば保険料が割安になります。
  • 契約時に健康体割引の条件を満たさなくても、契約後に条件を満たせば支払った保険料が戻ってきます。
  • 毎月支払う保険料が5年ごとに5%安くなる「だんだん減プラン」があります。「だんだん減プラン」を使えば、保険料は最安値クラスです。
  • メンタル疾患で働けなくなるリスクにも備えることができます。

損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」の詳細は↓に書いています。ご参考までに。

損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」デメリットと評価

損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」も本来は収入保障保険ですが、働けなくなるリスクにそなえることもできます。以下の条件を満たせば、毎月定額の保険金が支払われます。

条件 保険金を受け取れる期間
障害等級1等級or2等級に認定された場合 保障期間内
メンタル疾患や七大疾病により所定の事由に該当した場合 2年もしくは5年

メンタル疾患が保障対象になっているのが最大のポイントです。このランキング内ではメンタル疾患が保障対象となっているのは、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」と損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」の2つです。メンタルに不安がある方は、どちらかを選択することをおすすめします。

また、損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」には健康体割引があります。当たり前ですが、健康に気を使っている方は、不健康な方より亡くなるリスクは低いですよね。それなのに毎月支払う保険料が同じなのはちょっと不公平です。

健康体割引を満たす条件は以下のとおりです。4ランクにわかれます。「非喫煙者優良体」に該当すれば、保険料はかなり割引されます。

非喫煙者
優良体
以下の条件を全て満たす場合。
・1年以上たばこを吸ってない。
・18.0<BMI<27.0
・血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。
非喫煙者
標準体
1年以内にたばこを吸っておらず、BMI・血圧が非喫煙者優良体の条件を満たせなかった場合。
喫煙者
優良体
喫煙者(1年内にたばこを吸ったことがある)で、以下の条件を全て満たす場合。
・18.0<BMI<27.0
・血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。
喫煙者
標準体
上記のどれにもあてはまらない場合。

※BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。

契約時に「非喫煙者優良体」の条件を満たせなくても、契約後に条件を満たせば保険料は割引になります。さらに、割引になるだけではなく過去にさかのぼって支払った保険料が戻ってきます。禁煙やダイエットの良いきっかけになるのではないでしょうか。

保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」は保険見直しラボで取り扱いがあります。先述したアフラック、FWD富士生命の3社の保険を比較しながら検討することをおすすめします。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

就業不能保険の相談をするなら。

就業不能保険は保障内容が複雑なんです。

ランキング1位のアクサダイレクト生命「働けないときの安心」は確かに素晴らしい保障内容なんですが、対面でしっかり説明を受けることはできません。ちょっと不安ですよね。

なので、一度は就業不能保険の専門家に相談してみた方がいいです。相談は無料ですし、相談すると保険料が上がる!なんてこともありません。無料で試せるものは試してみましょう。アクサダイレクト生命「働けないときの安心」に加入するのはその後でも大丈夫です。

就業不能保険の相談ができるところ。

就業不能保険は全国の保険ショップで取り扱ってます。ふらっと保険ショップに立ち寄れば、気軽に相談できてしまいます。

でもふらっと立ち寄ってみて、お目当ての就業不能保険がなかったらがっかりですよね。そんなことにならないためにも、ニアエルというサイトで検索と予約をしてから保険ショップへ行ってみましょう。

ニアエルなら取り扱っている生命保険各社を条件に保険ショップを検索できます。この機能がものすごい便利なんです。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。
保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。
何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

保険見直しラボは30社以上の保険会社を取り扱っているので、かなり幅広い就業不能保険を比較できます。

「どの就業不能保険がいいか全く見当つかない!」

のであれば、保険見直しラボに相談するとすっきり話が進みますよ。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

現時点、「これは!」と思える就業不能保険は以下の5つ。ひとまずは、この5つを軸に就業不能保険を選んでおけば良いかと。

【ランキング1位 評価S】アクサダイレクト生命「働けないときの安心」

【ランキング2位 評価A】パルシステム「はたらく力」

【ランキング3位 評価B】アフラック「給与サポート保険」

【ランキング4位 評価S】FWD富士生命「FWD収入保障」

【ランキング5位 評価A】損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」

短期で良ければ、「はたらく力」。長期の保障が必要なら「働けないときの安心」。亡くなった場合にも備えたい場合は「FWD収入保障」もしくは「リンククロスじぶんと家族のお守り」。そんな決め方でしょうか。

じっくり説明を聞きたいなら、「給与サポート保険」もアリですね。テレビCM打ちまくってる「給与サポート保険」は売れ筋の就業不能保険です。

いずれにせよ、一度は専門家に相談してみましょう。就業不能保険は最寄りの保険ショップで気軽に相談できます。保険ショップの検索と予約は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする