【評価B】アフラックの就業不能保険「給与サポート保険」デメリットと評価

本気
テレビCMでよく見るアフラックの給与サポート保険って実際のところどうなんだろう?テレビCMしてるくらいだから、申し込んじゃって大丈夫だよね?

テレビのCMでよく見るアフラックの就業不能保険ですが、就業不能保険を発売しているのはアフラックだけではありません。就業不能保険は最近人気で、生命保険各社がしのぎを削って開発しています。

テレビのCMで見たからという理由だけでアフラックに決めてしまうのはちょっと待ってください。他社にも良い就業不能保険はありますよ。

アフラック「給与サポート保険」ここがポイント
  • 働けなくなるリスクをカバーする就業不能保険です。
  • 保険料は掛け捨て。その分安い保険料で申し込みできます。
  • メンタル疾患は保障対象ではありません。
  • 全般的に平均的な就業不能保険です。

就業不能保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

就業不能保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 働けないと認定される条件。就業不能保険によって働けないと認定される条件は違います。A社では働けないと認定されても、B社では認定されないことがあります。自分に見合った条件を選ぶことが大切です。
  3. メンタル疾患が保障対象になっているか。最も可能性の高い働けなくなるリスクはうつ病を含むメンタル疾患ではないでしょうか。メンタル疾患を保障対象としている就業不能保険は多くありません。

まずはざっと概要を書いておきます。上の3点について、アフラック「給与サポート保険」の概要と評価は以下のとおりです。

30歳の月額保険料
(保険金額短期毎月10万円・長期20万円、保障期間60歳まで)
男性:4,740円
女性:4,710円
評価B
40歳の月額保険料
(保険金額短期毎月10万円・長期20万円、保障期間60歳まで)
男性:5,450円
女性:5,280円
働けないと認定される条件 【入院】
・医師による治療が必要であり、かつ自宅などでの治療が困難なため、病院または診療所に入り、常に医師の管理下において治療に専念すること。
【在宅治療】

・医師による治療が継続しており、かつ日本国内にある自宅など(障害者支援施設などを含みます)で、医師の管理下において計画的な治療に専念し、自宅などからの外出が困難な状態。
・障害等級1級または2級に認定された状態。
評価B
メンタル疾患の保障 なし 評価C

アフラック「給与サポート保険」は保障内容は平均的で、保険料も平均的から若干高めかなぁくらい印象です。

しかし相当売れているようで、業界の標準という見方もできます。そもそも現在の就業不能保険人気に火をつけたのがアフラック「給与サポート保険」です。

アフラック「給与サポート保険」が業界の先駆けですので、就業不能保険の「ものさし」として使えますよね。アフラック「給与サポート保険」を基準に他社の就業不能保険と比較してみるのが効率的な就業不能保険の選び方です。

就業不能保険は下記のリンク先で比較をしています。こちらもご参考に。

就業不能保険おすすめ比較ランキング

就業不能保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

アフラック「給与サポート保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の就業不能保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【就業不能保険】
・働けなくなるリスクに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(働けないときに受け取れる金額)
短期回復支援給付金:5万円~20万円
長期療養支援給付金:5万円~40万円
※1万円単位で設定可能
保険料を支払う期間 60歳まで、65歳まで、の2つから選択可能。
保険料を支払う回数 月払・半年払・年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ
加入方法 対面のみ
健康相談サービス ・メンタルヘルスサービス
・社会保険労務士紹介サービス

【アフラック「給与サポート保険」】働けないと認定される条件について。

死亡保障は亡くなったら保険金が支払われます。わかりやすいですよね。それに対し、就業不能保険は「働けない」と認定される条件が各社でマチマチなんです。

就業不能保険で何よりも重要な「働けないと認定される条件」について最初に書いておきます。

働けないと認定される条件
入院 ・医師による治療が必要であり、かつ自宅などでの治療が困難なため、病院または診療所に入り、常に医師の管理下において治療に専念すること。
在宅治療 ・医師による治療が継続しており、かつ日本国内にある自宅など(障害者支援施設などを含みます)で、医師の管理下において計画的な治療に専念し、自宅などからの外出が困難な状態。
・国民年金法で定める障害等級1級または2級に認定された状態。

働けないと認定される条件は平均的です。ポイントは以下の2点です。

  • 【良い点】障害等級が条件になっている。条件が明確。
  • 【悪い点】メンタル疾患が保障対象外。

障害等級が条件になっており、条件が明確です。他社は「どんな仕事もできない」と曖昧な条件となる場合もあるのですが、アフラック「給与サポート保険」は条件が明確なので後々もめる可能性も低いでしょう。

より幅広い条件を求めるなら、おすすめはFWD富士生命FWD収入保障です。障害等級1等級~4等級まで保障範囲なので、かなり広い範囲を保障しています。そもそもFWD富士生命FWD収入保障は収入保障保険(亡くなった場合に毎月定額が支給される)なのですが、オプションをつければ働けなくリスクに備えることもできます。亡くなった場合と働けなくなった場合の両方に備えられて、一石二鳥です。

ちなみに、アフラックとFWD富士生命、双方の保険を保険見直しラボが取り扱っています。保険見直しラボで比較してもらってもよいかもですね。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

残念なのはメンタル疾患が保障対象外となっている点です。メンタルに不安を抱える方はアクサダイレクト生命「働けないときの安心」と比較してみてください。メンタル疾患も保障対象になっています。

アフラック「給与サポート保険」のメリット

アフラック「給与サポート保険」ここがポイント!
  • 【check】保険金の支払いが2段階(長期・短期)に分かれている。保障額を別々に設定することで、保険料の節約ができる。
  • 【check】ずっと健康で、働けない期間がなかった場合は無事故支払金を受け取れる。
  • 【check】対面販売なので、保障内容の詳しい説明を受けることができる。
  • 【check】仕事に復帰しても6回分は必ず保険金を受け取れる。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

アフラック「給与サポート保険」は保険金の支払いが長期と短期に分かれる。保障額を別々に設定すれば、保険料節約に。

アフラック「給与サポート保険」は保険金の支払いが「短期回復支援給付金」と「長期回復支援給付金」の2段階に分けられます。

保険金を受け取れる期間 保障額の設定範囲
短期回復支援給付金 初回~17回目 5万円~20万円
長期回復支援給付金 18回目以降 5万円~40万円

なぜそんな2段階に分けるのか謎ですよね。面倒だから短期も長期もまとめてくれればいいのに。

会社員の方は働けなくなると即座に収入が停止するわけではありません。健康保険に加入していれば、傷病手当金が概ね1年6ヶ月受け取れます。傷病手当金の詳細は↓にまとめています。

この傷病手当金の金額は月給の概ね2/3です。けっこうもらえますよね。

なので、傷病手当金を受け取れる期間中に支給される「短期回復支援給付金」は少額に抑えても生活は破綻しません。

傷病手当金の支給期間1年6ヶ月が過ぎて働けない状態が続くと、国に認定されれば障害年金が支給されます。しかし障害年金の支給額は、傷病手当金よりグッと下がる可能性が高いです。

そこで「長期就業不能給付金」の出番です。

障害年金のみ、もしくはそもそも障害認定されなければ、収入は激減します。生活が破綻して、ライフラインすら維持できなくなる可能性もあります。そこを補填するのが「長期就業不能給付金」です。「長期就業不能給付金」は余裕をもった金額にしておけば、傷病手当金の支給期間が終わった後の生活も安心ですよね。

ということで、「短期就業不能給付金」を少額に抑え、「長期就業不能給付金」を大きくしておくことで、会社員の実情にぴったりとあったムダのない保障になります。保障にムダがないということは、保険料にもムダがなくなります。毎月支払う保険料が適正になるんです。

まとめます。

  • 「短期回復支援給付金」は少額に抑えても傷病手当金が支給されるからなんとかなる。
  • 「長期回復支援給付金」は余裕をもった金額設定が必要。
  • 「短期回復支援給付金」と「長期回復支援給付金」にメリハリをつけることで、毎月支払う保険料が節約できる。

ちなみにですが、このような仕組みはアフラック「給与サポート保険」独自ではありません。他社は同じような仕組みを「ハーフタイプ」という名前でやってます。

ハーフタイプとは、病気やケガ、または精神疾患で働けなくなったとき、一定期間は設定した就業不能給付金月額の半額、その後は満額を受け取れる保障タイプのことです。

傷病手当金が支給される期間に、就業不能保険から支給される保険金が半額になります。ライフネット生命「働く人への保険2」や、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」はハーフタイプ方式ですので、ぜひ比較してみてください。

ちなみに、国民健康保険に加入している自営業・フリーランスの方は傷病手当金が支給されません。「短期回復支援給付金」と「長期回復支援給付金」は同額にしておくことをおすすめします。

いや、違います。自営業・フリーランスの方は短期の働けないリスクをパルシステム「はたらく力」で備え、長期の働けないリスクを別の就労不能保険(例えばライフネット生命「働く人への保険2」)で備えることがおすすめです。

パルシステム「はたらく力」は自営業・フリーランスの方に本当におすすめです。

アフラック「給与サポート保険」はずっと健康だったら長期給付無事故支払金が支給される。

「えっ、健康過ぎて働けない期間なんてなかったんだけど!」

60代になり定年退職を迎え、会社員人生を振り返ってみて、働けない期間なんて全くなかったっていう可能性の方がきっと高いですよね。

就業不能保険なんて出番がない方がいいんです。保険なんて使わないことが幸せなんですけど、それだと「毎月保険料支払うの無駄だったわー」って後悔します、おそらく。

そんな後悔をちょっぴり慰めてくれるのが「無事故給付金」です。

無事故給付金は保障期間を通じて「長期回復支援給付金」が一度も支払われなかった場合に、「長期回復支援給付金」と同額を受け取れます。老後のお小遣いになりますよね。

こういった仕組みはアフラック「給与サポート保険」しかないのではないでしょうか。しかし、無事故給付金の原資は私たちが支払っている保険料です。アフラック「給与サポート保険」は毎月支払う保険料が高めなので、冷静に考えると大してお得ではないということに注意です。

アフラック「給与サポート保険」は対面販売のみ。保障内容の説明を詳しく聞ける。

アフラック「給与サポート保険」は対面販売のみです。ネットからの申し込みはできず、アフラックの保険代理店を通じてのみ加入できます。この点、デメリットにも感じますが、これはメリットです。

就業不能保険は「働けないと認定される条件」が複雑です。各社条件が様々であり、万が一のときに、

保険会社:「働けるでしょ?」
加入者:「聞いてないよ!」

と認識相違からもめてしまう事態もあり得ます。

その点、アフラック「給与サポート保険」は加入前にしっかりと説明を受けて、納得してから加入することができます。この点、実は大きなメリットです。

確かに、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は保障内容も充実していて、保険料も安くおすすめできる就業不能保険です。しかし、申し込みはネットからのみ。何割の加入者がしっかりと保障内容を理解しているか疑問が残ります。

実際のところ、ネット専用の生命保険は売り上げが予想されていたほど伸びていません。ちゃんと説明を聞いてから生命保険に加入したい!というニーズは強いのでしょう。

アフラック「給与サポート保険」は仕事に復帰しても6回分は必ず保険金を受け取れる。

「あっ!来月から職場復帰ですね!じゃあ来月から保険金の支払いはストップです!」

といったように、仕事に復帰すると保険金の支払いがストップしてしまう就業不能保険が一般的なんです。

まぁ働けるようになったんだから、もう保険金は不要でしょう?っていうのは理にかなっていますが、現実はそううまくいかないですよね。退院してすぐに元のようにバリバリ働けることなんて稀です。たいていは慣らし慣らし、ゆっくりと元の状態に戻していくことになります。

その「慣らし期間中」は時短勤務になったりして、収入だって元には戻りません。収入が元に戻っていないのに、就業不能保険の保険金が打ち止めされたら少し困ってしまいますよね。

その点、アフラック「給与サポート保険」はよく考えられています。

就業不能状態が60日継続すれば、最低でも6回分(6ヶ月分)の保険金は支給されます。6ヶ月間分でも支払いがあれば、焦らずゆっくり職場復帰できますよね。

アフラック「給与サポート保険」の相談なら保険見直しラボが便利です!
何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

アフラック「給与サポート保険」のデメリット

アフラック「給与サポート保険」 ここにご注意!
  • 【check】保険料が若干高め。
  • 【check】年収150万円未満の人は加入不可(主夫・主婦も加入不可)

アフラック「給与サポート保険」は若干保険料が高めです。ライフネット生命「働く人への保険2」と比較します。

男性 女性
アフラック「給与サポート保険」 5,450円 5,280円
ライフネット生命「働く人への保険2」 4,158円 3,664円

※40歳・保障期間60歳までで比較。

アフラック「給与サポート保険」は短期回復支援給付金10万円、長期回復支援給付金20万円の保険料です。

ライフネット生命「働く人への保険2」は保障額20万円で、ハーフタイプを選択した場合の保険料です。

働けないと認定される条件等に違いがあるので、一概にどちらが高い・安いとは言えませんが、この結果だと差がありますよね。

また、アフラック「給与サポート保険」は年収150万円以下の方は加入できません。無職、主婦・主夫、フリーターの方も加入はできません。あきらめて他社の就業不能保険を探しましょう。パルシステム「はたらく力」のように、年収制限・職業制限なく加入できる就業不能保険はあります。

【アフラック「給与サポート保険」の評価最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:B(S、A~C)

保障内容は平均的で、保険料がやや高め。保険料が高いのは広告費が関係しているのかなぁとちょっと勘ぐってしまいます。

それでも対面でしっかりと説明を聞けるアフラック「給与サポート保険」は選択肢に入れて良いと考えていますが、他社の就業不能保険と比較しておいて損はないでしょう。

同じ就業不能保険なら、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」が良い比較相手です。また、死亡保障のある収入保障保険のなかでも、FWD富士生命「FWD収入保障」は働けなくなるリスクにも対応可能です。

正直なところ、FWD富士生命「FWD収入保障」は少しずば抜けている感があります。こちらとも比較を(特にタバコを吸わない方は保険料が安くなるので絶対に比較を!)。

とはいえ、アフラック「給与サポート保険」は保障内容が平均的なので、

「就業不能保険ってこういうものなんだー」

と言うことを知るとっかかりにはなります。専門家に就業不能保険を相談するとっかかりとして、アフラック「給与サポート保険」を使うと、わかりやすくなるかもしれませんね。

アフラック「給与サポート保険」の相談をするなら。

アフラック専門の保険ショップに相談するのはちょっと待ってください。

アフラック専門の保険ショップはもちろんアフラック推しです。アフラックありきで話を進めるので、他社の就業不能保険と公平な比較ができません。

就業不能保険は各社しのぎを削って開発競争しています。就業不能保険を発売しているのはアフラックだけではありません。

生命保険各社の就業不能保険を比較しながら話をすすめましょう。保険ショップに相談するなら、複数の生命保険会社を取り扱っている保険ショップを選びましょう。これが保険選びで損しないポイントです。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

念のため言い添えておくと、保険見直しラボはアフラックと提携してます。アフラックを含めた30社以上の保険会社と提携しているので、ご安心を。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:アフラック「給与サポート保険」

保障内容は平均的です。アフラック「給与サポート保険」より良い保障内容か、保険料が高いか安いかで他社の就業不能保険を評価できます。それくらいオーソドックスな就業不能保険です。

ただし、ちょっと保険料は高めなんです。その点は惜しい。CM打ち過ぎかなぁ、広告費にお金かかってるのかなぁと考えてしまいます。

何はともあれ、他社にも優秀な就業不能保険はあります。しかし、世の中の就業不能保険を全て比較するのは個人には難しいです。ここは専門家に頼りましょう。比較は専門家がいる保険ショップでかんたんにやってくれますよ。

保険ショップの検索と予約は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする